この記事は

ズッキーニ栽培のコツ 肥料と支柱の
コツと注意点 うどんこ病の対策

についてご紹介しています。

これからズッキーニを
栽培する方に向けて

肥料をまくときや支柱を立てる時の
注意点とコツ

うどんこ病の病気や害虫などで
枯れないようにするためのコツ

育てるのに
最適な時期や収穫期間など

詳しく解説をしていきます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

1. ズッキーニの栽培は初心者向きか?
それとも上級者向きか?

ズッキーニはプランターで育てることができ
同じウリ科のカボチャや

キュウリと比べてつるが長く
伸びたりしないので場所を取ることもありません。

株の手入れも
枯れた葉を取り除く以外は特に必要なく
手間がかかりません。

栽培期間も比較的短く

ある程度の乾燥や
寒さにも耐えられる為

忙しい人や初心者にも
育てやすい野菜です。

2. ズッキーニの栽培は
春夏秋冬どの時期に植えると最適か?

ズッキーニの植え付けに最適な期間は
4月下旬から5月下旬の間です。

夏の暑さが
実の成育に必要になりますので

できるだけこの間に植えてください。

寒さには強いほうですが
4月、5月初旬で
まだ寒い日が続いている場合は

念のため温かくなるまで
待ったほうが安心です。

過湿を嫌う性質のため
梅雨の時期は雨の当らない場所に
移動させましょう。

3. ズッキーニの栽培は
室内と屋外どちらが最適?

一日中直射日光が当たるような
窓際ならば栽培できないこともないですが
風通しが悪いことがネックです。

虫の発生や
病気などのことも考えると
やはり屋外がベストでしょう。

横に広がって育つため
風の影響を受けやすいので

ある程度株が大きくなれば
支柱を立てて紐で固定することが必要です。

成長したときに株を傷つけないよう
紐は少し緩めに固定してください。

4. ズッキーニは種から?苗から?
初心者はどちらがおすすめ?

いくつもの品種の種が市販されていますので
種から育てることも可能です。

たくさん育てたいなら
初期費用が安い種まきがお得です。

ただし
苗から育てる場合と比べて
温度などの管理が難しくなり

うまく発芽しなかったり
害虫に食べられてしまったして

栽培時期を逃してしまうこともあります。

初心者の方には
苗から栽培を始める方がおすすめです。

5. ズッキーニが病気になって
枯れる原因と予防方法

育てやすい野菜として知られていますが
それでも病気にかかることはあります。

ズッキーニは主に
うどんこ病に気を付けなければいけません。

葉に白い粉が吹いたような模様が
できる状態がうどんこ病の症状です。

白い粉はカビの一種で
低温で乾燥した状態で発生しやすく

これが株全体にまわると
枯れてしまうことがあります。

部分的な発生であれば
その部分を取り除き
風通しよくすることを心がけましょう。

6. ズッキーニに
害虫がついた時の駆除方法

害虫はそれほど気にしなくて大丈夫ですが
ウリハムシという
ウリ科の植物の葉を好む虫がつきやすいです。

食欲旺盛な虫で
あっというまに葉をボロボロにされてしまいます。

あまりたくさんの葉を
かじられてしまうと成育に影響が出てきます。

見つけしだい捕獲し処分します。

その他
アブラムシなどもつくことが多いですが
どちらの場合も予防には風通し

日当たりの十分なところで
育てることである程度予防できます。

7. ズッキーニの栽培に
おすすめなプランターはどれ?

株が横に広がりやすく風を受けやすいので
小さすぎたり細長い形のものでは
倒れてしまう可能性があります。

大型で深さがあり
安定感のあるプランターがおすすめです。

一株につき25リットル以上の
容量があれば大丈夫です。

株は放射状に成長していきますので
プランターの形状は

四角よりも丸型のほうが
よりおすすめです。

8. ズッキーニの栽培で摘心は必要か?
摘心するときの注意点

ズッキーニは
株元からいくつもの葉が伸びる形状で
摘心の必要がありません。

成長にともない
古くなった下葉が枯れてきますので

黄色くなった葉は
見つけ次第切り取ってください。

そのままにしておくと風通しが悪くなったり
腐った葉が病気のもととなります。

また
正常に成長せず

いびつな形になっている実も
他の実へ栄養を
まわすために取り除いておきます。

スポンサードリンク

9. まとめ 初めて
ズッキーニを育てる人にアドバイス

ズッキーニは
あまりこれまであまり

日本の食卓に
馴染みがありませんでしたが

あまりくせもなく
栄養豊富でそのうえ低カロリーと

優等生な野菜です。

鮮やかな黄色が
見た目にも美しく

鑑賞価値の高い花は
食用としても楽しめます。

ベランダなど小さめのスペースでも
育てることができますので

お庭や畑がなくても
気軽に挑戦してください。

スポンサードリンク