この記事は

「スイートピーの育て方 種まきはいつ頃?
室内でも栽培可能か?」

についてご紹介しています。

これからスイートピーを育てる方に向けて
初心者向けの植物なのかどうか

種まきの時期はいつ頃なのか
室内でも栽培可能かなど

詳しく解説をしていきます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

1. スイートピーの栽培は初心者向きか?
それとも上級者向きか?

スイートピーは
可憐な花をつける人気の花です。

比較的栽培しやすい品種ですが

例外的に冬咲き系は温室で
育てるのが一般的で

開花をさせて育てることが難しい
品種のためそれ以外を選びましょう。

日当たりの良さとと
土の酸性を保つことがポイントですが

それ以外はいずれも耐久性のあるので
種をまけば簡単に増やすことができます。

2. スイートピーの栽培は
春夏秋冬どの時期に植えると最適か?

一般的なスイートピーは春咲き品種で
その種は10月から11月に植え
4月から6月に開花します。

種を植える時期を間違えると花のつきが悪くなったり
開花しない場合があります。

夏咲き、冬咲き、または宿根のスイートピーの品種は
栽培時期がそれぞれ異なるので

種の説明書をよく確認して
栽培するようにしてください。

ポット苗で栽培する際も同様です。

3. スイートピーの栽培は
室内と屋外どちらが最適?

スイートピーは
マメ科でツルを伸ばして生長するので

基本的に室内には向かず
室外の畑に植え付けることをおススメします。

植木鉢やプランターでも
育てることができますが

根が深く成長するため
深めのものを使用して下さい。

ツルが伸びますので
いずれも添え木が必要となります。

室外では日当たりのよく
土は水はけのよいものを使用して下さい。

4. スイートピーは種から?苗から?
初心者はどちらがおすすめ?

スイートピーは
種をまけば簡単に増やすことができます。

吸水処理をしたのち
適当な幅に穴をあけ3~4粒種をまきます。

またポット苗も安価に
販売されているので好みの色を選んで
購入するのもよいでしょう。

種の吸水処理や土の配合
間引きの仕方等少し初心者には

難しいかもしれませんので
ポット苗から始めるのもおススメです。

5. スイートピーが病気になって
枯れる原因と予防方法

スイートピーは
春と秋にうどんこ病にかかることがあります。

うどんこ病とは
葉に白い斑点がつく病気で
葉の光合成を妨げてしまいます。

ほっておくとどんどん増えてしまいますので
見つけたらまず白い斑点がでてしまった
葉を刈り取ってください。

あまりひどい時は専用の薬剤を散布して下さい。

予防法は土の水はけを良くすること
あまりたくさん同じ場所に植えないこと等があります。

6. スイートピーに害虫がついた時の駆除方法

スイートピーは
アブラムシやダニがつきやすいです。

香り高い花をつけるため
アブラムシは特に花の開花後つくことが多く
注意が必要です。

予防としては牛乳や酢の散布があります。

虫が付いてしまったら
専用の薬剤の散布が必要ですが

花に薬剤をつけてしまうと花が
枯れてしまいますので花にかからないように

散布するようにしてください。

7. スイートピーの栽培に
おすすめなプランターはどれ?

スイートピーはツル科で
茎は自立せずツルで成長するため

畑や花壇で栽培するのがおススメですが
植木鉢やプランターでも栽培することができます。

その場合は6号程度のプランターがおススメです。

根が深く伸びますので
花壇の場合は深く土を耕してください。

プランターもできるだけ深いものが
しっかり根付かせるためにはよいでしょう。

8. スイートピーの栽培で摘心は必要か?
摘心するときの注意点

スイートピーは摘心が必要です。

発芽して茎がある程度伸びたら行ってください。

矮性品種の場合は摘心は必要ありません。

ツル科のスイートピーは摘心のほか
ツルが伸びてきたら
ツルを誘引する作業も必要です。

ツルをまきつける挿し木のほか
ブロック塀や網を使用してもよいです。

この作業を行わないとツルが
伸び放題になってしまい

ツルの重さに耐えられずまた茎が
折れてしまう恐れがあるので必ず行うようにしてください。

スポンサードリンク

9. まとめ
初めてスイートピーを育てる人にアドバイス

様々な色の花を咲かせるスイートピーは人気が高く
主に初夏のころポット苗が
店頭に並びます。

ポット苗から栽培を始めるならば
葉の緑色が濃厚で

ツルがあまり
伸びていないものを選んでください。

ポット苗をうつしかえる際は
根を傷つけないよう丁寧に行ってください。

スイートピーの花は香り高く
切花にしても長く楽しむことができます。

スポンサードリンク