この記事では

「そら豆の栽培方法育て方
摘心のコツとおすすめプランター」

についてご紹介をします。

他にも
アブラムシの害虫駆除方法や

初めてそら豆を栽培される方に向けて
詳しく解説をしております。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

1. そら豆の栽培は初心者向きか?
それとも上級者向きか?

そら豆は
水のやり方や追肥の仕方など
コツをおさえれば育てやすい植物です。

生育させすぎないように
あまり早い時期に種を植えず
適正な時期に種を植え

水はけのよい土壌を好みますので

あまり頻繁に
水やりをしないことが大きなポイントです。

植え付けが成功すれば
丈夫な植物ですので

初心者にも安心して
育てることができる野菜です。

2. そら豆の栽培は
春夏秋冬どの時期に植えると最適か?

そら豆の植え付けは
11月以降がベストです。

あまり早い時期に種を植えてしまうと
生育しすぎてしまい

育ちすぎた葉が
寒さにやられて枯れてしまうので
注意が必要です。

暖かいところでは
12月ごろに植え付けをするのが
おススメです。

5月から6月にかけて
豆を収穫することができます。

もし育ちすぎてしまった場合は
倒れてしまわないように

支柱を立てるなどの
対策をとってください。

3. そら豆の栽培は
室内と屋外どちらが最適?

そら豆は一般的には
日当たりのよい
排水がしやすい場所を好みますので

屋内で栽培することが一般的です。

屋内の場合は
多湿にならないよう配慮し

日当たりを確保すれば
育てることができます。

しかしながら根がかなり深く伸びますので
土を深く耕す必要があります。

そのため屋外で畑や深めのプランター等にて
育てるのが栽培しやすいようです。

4. そら豆は種から?苗から?
初心者はどちらがおすすめ?

そら豆は黒い部分を下にして
土に半分豆埋めて発芽させる
という形で育てることもできますが

湿度の関係等で発芽しないこともあります。

腐ってしまったりあまり
発芽率は良くないようです。

そのため初心者は
ポット苗から栽培を始めるのを
お勧めします。

ポット苗は背が高いものより低くて
葉がたくさん詰まったものを
選ぶのがよいでしょう。

5. そら豆が病気になって
枯れる原因と予防方法

そら豆は冬を越すため
冬の寒さにやられて
枯れてしまうことが多いです。

寒い時期は苗周辺に
敷き藁をして守ってあげましょう。

また水はけがよい土を好むため
あまり水やりをしすぎると根ぐされして
枯れてしまうことがあります。

植え付けの際に
水をたっぷりあげる以外は

土の表面がカリカリに乾いたら
あげるだけにしておきましょう。

6. そら豆に害虫がついた時の駆除方法

そら豆はアブラムシがつきやすいです。

アブラムシは様々な
病気の原因となりますので

見つけたら葉から取り除いてください。

また葉の筋が白くなる原因である
ハモグリハエの幼虫の
被害にあうことがあります。

これは見つけ次第
虫くいになった葉を
取り除くようにしてください。

虫くいが続くようならば
市販の虫駆除スプレーを散布して下さい。

7. そら豆の栽培に
おすすめなプランターはどれ?

そら豆は茎の長さがかなり伸び
また根がかなり深く伸びるので
プランターを使用する場合は

60cm以上の大型で
深い底のタイプを使用して下さい。

大型のプランターならば
苗を三本くらい植えることができます。

春になり茎がかなり生育じ

風の影響を受けてしまう場合は
プランター栽培においても
支柱を立てるなどの対策をとって下さい。

8. そら豆の栽培で摘心は必要か?
摘心するときの注意点

そら豆は上部の花が咲いても
身はできないため

茎の高さが60cmを超えたら
摘心を行ってください。

また春になり高さが
40cmを超えてきたら太陽不足を防ぐため

太くて良い茎を6~7本ほど残し
その他の茎を取ってしまいましょう。

あまりたくさんの側茎を残すと
栄養が分散されてしまい

立派な豆ができないことがあります。

スポンサードリンク

9. まとめ 初めてそら豆を育てる人にアドバイス

そら豆は良いポット苗を買い
植え替えのタイミングを見計らい

丁寧に植え替えを行うことで
しっかりとした茎になり

おいしい実をつけてくれます。

開花してから約1カ月後が
収穫の時期です。

プランターでの栽培を
お勧めしましたが

しかしながら連作の栽培には
向いていないため

同じプランターに
毎年同じそら豆を植えないように
してください。

スポンサードリンク