この記事は

離乳食後期に最適な
さやいんげんの栽培方法と育て方 」

についてご紹介しています。

これからさやいんげんを育てる方に向けて

病気や害虫などで枯れないように
育てていくためのコツと注意点など

詳しく解説をしていきます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

1. さやいんげんの栽培は初心者向きか?
それとも上級者向きか?

さやいんげんには
つるなし品種と
つるあり品種に分けることができます。

つるなし品種は
種まきから収穫までの期間が
55日程度と短く

30㎝程度の高さしか
伸びずコンパクトなので

初心者の方や
ベランダでコンテナ栽培も可能です。

つるあり品種の中にも
育てやすいものがあるので

さやいんげんは
品種を選べば初心者でも
栽培可能な植物です。

2. さやいんげんの栽培は
春夏秋冬どの時期に植えると最適か?

4月中旬から6月中旬までに種をまき
栽培を始めるのがベストなタイミングです。

さやいんげんの生育温度は
10度から30度であるため

春に植えるのが
好ましいです。

秋にまくと成長する時に
霜が降りてしまう可能性があります。

成長期に霜がおりてしまうと
ほとんどが枯れてしまいます。

必ず霜がおりなくなり
暖かくなった頃に植え付けをしましょう。

3. さやいんげんの栽培は
室内と屋外どちらが最適?

さやいんげんが成長するのに
日光が不足してしまうと
生育不足となってしまいます。

必ず日当たりのいい屋外で
栽培をしましょう。

またつるあり品種は
つるが伸びるので支柱なども必要です。

屋外で栽培をしてやりましょう。

ただし種をまき後
寒くなり過ぎると
発芽しない可能性もあるため

室内で発芽までの1週間程度は
玄関などで育てましょう。

4. さやいんげんは種から?苗から?
初心者はどちらがおすすめ?

初心者の場合は
苗から育てる方が簡単です。

もしも種から育てたい場合は
発芽しない可能性もあるので

自分が植え付けをしたい数よりも
多めに種をまいて

苗を育てましょう。

また
まいた種や発芽したての芽を
鳥が食べてしまうこともあります。

ネットなどで
覆い守ってやる必要もあります。

ある程度大きく
植え付けできる状態の苗を使って
栽培するのが簡単です。

5. さやいんげんが病気になって
枯れる原因と予防方法

さやいんげんは
あまり病気になることはありませんが

葉っぱに白い斑点が
でるうどんこ病に
かかることがあります。

初心者でも
発見が簡単な病気ですので

発見したらすぐに
処置をしてやりましょう。

症状が軽い場合は
症状の出た葉を切って除きます。

それでも治癒しなければ
うどんこ病に有効な薬剤を購入し
処置してやりましょう。

6. さやいんげんに
害虫がついた時の駆除方法

葉が急に縮みはじめたら
アブラムシがついている可能性が高く
すでに増加している症状です。

ただちに植物用の殺虫剤で
処置をしましょう。

アブラムシはウィルス病を持ち込み
株全体が縮み
葉や株が奇形になってしまうこともあります。

その他

  • ハダニ
  • コガネムシ
  • カメムシ

などが発生することがありますので
それぞれ殺虫剤を
散布し駆除をしましょう。

7. さやいんげんの栽培に
おすすめなプランターはどれ?

プランターで栽培するのであれば
つるなし品種のいんげんがおすすめです。

つるなし品種は
高さ30㎝程度しか伸びず
コンパクトであるため

プランターをおく
ベランダなどで育てやすい品種です。

また
栽培期間も55日程度と短いため

根の張りもそんなに大きく育ちません。

たくさんの土や
大きなプランターが必要ないので

直径30㎝
深さが20㎝あるものであれば
栽培することができます。

8. さやいんげんの栽培で摘心は必要か?
摘心するときの注意点

つるあり品種の場合は
摘心をする必要があります。

摘心をしなければ
2mから3mまで伸びてしまいます。

つるが支柱の先端まで
伸びたころに摘心を行い
側枝の発生を促しましょう。

またつるがごちゃごちゃと
絡んでしまっている時も

すべてのつるに日光が当たるように
整理してやりましょう。

側枝のつるも
支柱の高さまで伸びれば
摘心をしてやりましょう。

スポンサードリンク

9. まとめ 初めて
さやいんげんを育てる人にアドバイス

さやいんげん初心者であれば
つるなしの品種を選び
栽培を楽しみましょう。

連鎖生涯をお越しやすく
前年にマメ科の植物を育てた土では
育てることができないので

注意が必要です。

日当たりがよく
風通しのいい場所で育てましょう。

表面の土が乾きはじめたら
たっぷりと水をやりましょう。

花が咲いた後に水切れを起こしてしまうと
うまく実を育てることが
できなくなりますので

水切れのないよう
水やりをしましょう。

スポンサードリンク