この記事では
「落花生の栽培方法と時期
水やりと肥料のコツ おすすめのプランター」
についてご紹介をします。

落花生は室内よりも
ベランダや室外で
栽培するのが適しています。

水やりや肥料のコツ
おすすめするプランターなど

初めて落花生を育てる方に向けて
詳しくご紹介していきます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

1. 落花生の栽培は初心者向きか?
それとも上級者向きか?

落花生は日当たりがよく
高温の条件でよく生育します。

気温が低い寒冷地での
栽培には適していません。

マメ科の食物なので
窒素肥料を少なめに施す事

連作を避けて
2から3年あけた土壌で栽培する事

石灰で土壌の調整をする事を
ポイントに栽培すれば

害虫や病気による被害も
ほとんど心配する事なく育てられるので
初心者向けの野菜といえます。

2. 落花生の栽培は春夏秋冬
どの時期に植えると最適か?

落花生の生育適温は
25度から28度で

高温で
日当たりのいい場所を好みます。

なので
植え付けに最適な期間は
気温が上がる5月中旬頃が最適です。

粘土質や湿り気のある土壌だと
うまく育たないので

フカフカの土壌になるように
しっかりと畑を耕す事が大切です

プランターで育てる場合は
市販の培養土を
利用すればうまく栽培できます。

3. 落花生の栽培は
室内と屋外どちらが最適?

落花生は
高温で日当たりの良い場所を好みます。

日があまりささないような所では
豆が大きく育ちません。

落花生は土の中で出来る野菜なので
ある程度の深さの土壌が必要であること

管理の途中に土寄せが
必要な事を考えると
室内での栽培は適していません。

屋外で深めのプランターで栽培するか
畑で栽培するのが最適な場所といえます。

4. 落花生は種から?苗から?
初心者はどちらがおすすめ?

落花生は種からでも
苗からでも両方育てる事が出来ます。

種から栽培する場合は
植え付け前に種をよくお水に浸しておきます。

種がお水を吸収して
発芽がうまくいきます。

また
種を植え付けた後は

鳥の被害に遭いやすいので
マルチやベタがけをしたほうがいいです。

苗は植える株数が少ない場合は
ホームセンター等で購入して植え付けます。

種から植え付けした後は
芽が出てくるまでは

たっぷりとお水を
上げる事が大切になります。

5. 落花生が病気になって
枯れる原因と予防方法

落花生が枯れてしまうのは
主に加湿が原因の事が多いです。

落花生に発生しやすい病気である
そうか病やえそ萎縮病

灰色かび病などは加湿が原因で
起こることがあるので

水やりを控えめにして
乾燥気味に育てる事が大切です。

プランターで育てる場合は
加湿にならないように

プランターの底に石や発泡スチロールを
敷き詰めて排水しやすい環境を
作ってあげるとうまく育ちます。

6. 落花生に害虫がついた時の駆除方法

落花生は害虫の被害が
少ない野菜と言われています。

しかし
実がつき出す頃から
害虫被害が出てくる事があります。

特にコガネムシは
せっかくついた土の中のさやを
食べてしまう事があります。

カメムシやアブラムシも付くので
薬剤で駆除するか

ムシを見つけ
次第すぐ取り除く事が大切です。

また害虫の被害以外にも
落花生に発生しやすい病気がいくつかあります。

それらは加湿が
主な原因となりますので

発芽のお水やりは
控えめに乾燥気味にすると防げます。

7. 落花生の栽培に
おすすめなプランターはどれ?

落花生は土の中に実を付けるので
利用するプランターは大型で
60センチ以上の深型のプランターが最適です。

浅型のプランターで
はうまく落花生は育てられません。

プランターにいれる最初の土の量は
プランターの三分の二位に
しておきましょう。

後に土寄せをしますので
最初から沢山の土を入れてしまうと
土寄せが出来なくなってしまうからです。

8. 落花生の栽培で摘心は必要か?
摘心するときの注意点

落花生は9節目を摘心する
といいと言われていますが

実際のところ
摘心で収穫量が増えたという事は
一概にはいえないようです。

また落花生の葉は
芽が付きだした後は
何枚のも重なるので

初心者の方が9節目を見分けて
摘心するという作業は
大変だと思います。

なので
摘心はなくても
落花生は育てられます。

フカフカの土壌を用意して
水やりをやり過ぎないで栽培すれば
上手く育てる事が出来ます。

スポンサードリンク

9. まとめ 初めて落花生を育てる人にアドバイス

落花生は
害虫や病気の被害が少なく
初心者向きの野菜です。

また高温で日当たりの良い場所だと
よく育ちます。

土の中に実を付けるので
植え付け前の土壌を

フカフカになるように
しっかりと耕す事が大切です。

また多湿にならないように
発芽後は水やりは
少なくして乾燥気味に育てるとうまく行きます。

家庭菜園で収穫した落花生は
収穫後に塩ゆでして食べると
ビールのお共に最高です。

苗から育てれば
失敗も少なく普段の手入れも
それほど手間になることはありません。

是非
収穫したての生の落花生を
食べてみて下さい。

スポンサードリンク