この記事では

失敗しないラディッシュの育て方
間引きと水やりのポイント 」

についてご紹介をします。

初心者でも失敗せずに
ラディッシュを育てられるのか

間引きをするコツや
水やりをするときのポイント

害虫の予防方法と
おすすめのプランターなど

これからラディッシュを育てる方に向けて
分かりやすく解説をしていきます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

1. ラディッシュの栽培は初心者向きか?
それとも上級者向きか?

ラディッシュは
鮮やかな赤紫色と葉付きの

愛らしい形をした野菜で
サラダの彩りにとても重宝する人気の野菜です。

栽培に関しては
ラディッシュは真夏と

真冬を除きいつでも種まきができ
30日程度で収穫できることから

初心者でも
栽培しやすい野菜となっています。

短期間で収穫できることからも
家庭菜園では人気の野菜です。

2. ラディッシュの栽培は
春夏秋冬どの時期に植えると最適か?

ラディッシュは
30日前後の短期間で
収穫できる小型の大根です。

比較的冷涼な気候を好み

春(3月中旬~5月)と

秋の(9月~10月)が

種まきに適した時期となります。

簡単に栽培できることで有名ですが
時期を間違えると最期まで
育たなかったり品質が低下するので注意しましょう。

夏は虫が発生しやすいため
秋が比較的育てやすいと言われています。

3. ラディッシュの栽培は
室内と屋外どちらが最適?

ラディッシュは
日当たりの良い場所と涼しい気候を好みます。

そのため
室内よりも屋外で栽培することがおすすめ。

屋外といっても
ベランダなどで簡単に
栽培出来るので

日当たりが良い場所と
気温だけ気にしていれば問題ありません。

乾燥に注意し
日当たりの良い場所で育てれば

大きく形の良いラディッシュを
収穫することが出来ます。

4. ラディッシュは種から?苗から?
初心者はどちらがおすすめ?

ラディッシュは
一般的に種から育てます。

種自体も100~300円と
安価で購入しやすいです。

また
種から栽培する場合でも

発芽率が非常に高いため
初心者には嬉しいポイントです。

根が太る直根類の野菜なので
コンテナや鉢に直接種をまきます。

ラディッシュは
適期に間引く必要があるので

植える際は1cm間隔で
種をまくと良いでしょう。

少なめにまくのがポイントです。

5. ラディッシュが病気になって
枯れる原因と予防方法

ラディッシュを栽培する際に
大切なことは栽培する時期です。

やはり時期が
ずれていると枯れる原因になります。

その他には日当たりが原因になることも。

ベランダで栽培する際も
5~6時間は日が当たる
状態でなければなりません。

種をまいてから7~10日で
生育の良いものを残し

3~4cm間隔で間引くことも大事です。

間引きをしないと間隔が取れず
上手く育ちません。

6. ラディッシュに
害虫がついた時の駆除方法

ラディッシュは虫が
大好きなアブラナ科です。

比較的
虫が付きやすいので注意しましょう。

アブラムシやアオムシの
食害などが主です。

アオムシなどは
見つけたら割り箸などで
丁寧に取り除けば良いです。

アブラムシは高温で
雨が少ない時期に多発します。

対策としては
株元にアルミホイルを
敷くと付きにくくなります。

その他には
防虫ネットをプランターの周りに
設置するのも予防になります。

7. ラディッシュの栽培に
おすすめなプランターはどれ?

ラディッシュは
ホームセンターに売られている
14リットルのプランターで十分栽培出来ます。

1人分でしたら
標準サイズの下に

穴があいているタイプの鉢でも
良いと思います。

種を一度に沢山植えることが出来ないので
収穫したい量を考え必要な
大きさのプランターを探すのが良いです。

ラディッシュも
一度に沢山使う野菜ではないので

小さい鉢でいくつか時期をずらしながら
栽培すると使いやすいかもしれません。

8. ラディッシュの栽培で摘心は必要か?
摘心するときの注意点

ラディッシュの栽培で摘心は必要ありません。

ラディッシュは種まき後
10日前後で間引きをし

間引き後は株元に軽く
土寄せし株を安定させます。

種まきから20日前後で
追肥と土寄せをし

30日前後で収穫となります。

収穫の時期が
遅れると裂根するため

根元が見えてきたら丁寧に
早めに収穫するように気をつけましょう。

スポンサードリンク

9. まとめ
初めてラディッシュを育てる人にアドバイス

ラディッシュには
女性に嬉しいビタミンCや
カロテンが栄養素として含まれます。

根、葉、茎と全てを
調理に使えるため

あるととても便利な
野菜なのではないでしょうか。

少ない面積で
時期さえ間違えなければ

簡単に栽培できるため何を育てようか
考えている方にはおすすめの野菜です。

日当たりと気候だけ注意をし
ぜひラディッシュを栽培してみて下さい。

スポンサードリンク