この記事は

ネギ栽培方法 おすすめプランターや
病気で枯れないようにするコツ

についてご紹介しています。

これからネギを栽培する方に向けて

おすすめのプランターや
病気で枯れないようにするコツ

害虫駆除対策や予防方法
種から植えるべきか、苗からか

初心者でも簡単に育てられるかなど

詳しく解説をしていきます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

1. ネギの栽培は初心者向きか?
それとも上級者向きか?

ネギの栽培は
他の野菜に比べて

非常に手軽に入手できますので
初心者におすすめです。

スーパーの野菜売り場に
売っている
根付きの葉ネギで良いので
簡単にいつでも入手できますし

ホームセンターや種苗店で
種や苗を購入することもできます。

気を付ける点は水やりと抽苔
(とう立ち)だけなので

手間もほとんどかかりません。

2. ネギの栽培は春夏秋冬
どの時期に植えると最適か?

ネギは寒さに強い植物なので
最低気温がプラスになる
秋~早春あたりから栽培することができます。

寒冷地では冬を少し過ぎて
3月~4月くらいが良いでしょう。

種まきや苗の植え付けは
生育が盛んになる春から
遅くても夏までの間に行うのがベストです。

ネギが小さいうちは
成長に時間がかかりますので

あまり時期が遅いと
収穫量が少ないまま冬になってしまいます。

3. ネギの栽培は室内と屋外どちらが最適?

ネギは乾燥を好む植物です。

室内で栽培すると
土の水分が乾きにくく

根腐れしてしまいやすくなります。

外で栽培できない場合や
室内で越冬したい場合は

直射日光が十分に当たる場所で
栽培するとよいでしょう。

初めから室内での栽培を
予定している場合は

バーミキュライトやパーライトなどの
水はけの良い土を多めに

ブレンドすると
根腐れの失敗を減らすことができます。

4. ネギは種から?苗から?
初心者はどちらがおすすめ?

ネギは種から育てると
大きく成長するのに
非常に時間がかかります。

成長過程を楽しむのであれば
種から育てるのも良いでしょう。

ただ
早く収穫したいのであれば
苗から育てるのがおすすめです。

苗からの場合
ホームセンターで専用の苗を
購入するのも良いですが

スーパーで売られている葉ネギが
おすすめです。

根元から5~6cmを切り取り
土から2~3cm程度出るように植えます。

5. ネギが病気になって
枯れる原因と予防方法

ネギが枯れてしまったり
病気になってしまう原因の多くは
根腐れです。

ネギの根は非常に
水分過多に弱いので

水をやり過ぎたり湿った状態が
長く続くとすぐに根腐れしてしまいます。

水やりは土の表面が
パサパサになるくらい乾いてから

水やりの際は鉢底から流れ出るくらい
たっぷりと与えて

土に新鮮な水と
空気を送り込みましょう。

6. ネギに害虫がついた時の駆除方法

夏の暑い時期になると
ネギアブラムシやアザミウマなどの
葉の汁を吸う虫が付きやすくなります。

特にアザミウマの場合は
かすり状に葉の色が抜けてしまい

見栄えが悪くなります。

付いてしまった場合は
農薬が最も効果がありますが
無農薬にしたい場合は

でんぷんなどがベースの
安全な殺虫剤がおすすめです。

害虫は風に乗って飛んできますので
目の小さな防虫ネットや
寒冷紗などで予防することができます。

7. ネギの栽培におすすめなプランターはどれ?

あまり深いプランターだと
土が乾きにくくなるので

根腐れしやすくなります。

慣れないうちは
やや浅型のプランターがおすすめです。

なるべく底が網状になっていて
通気性の良さそうなものが
良いでしょう。

また
密植にすると細く育ち
間隔を広く開けると大きく太く育ちますので

育てたい大きさによって
プランターのサイズを変えましょう。

8. ネギの栽培で摘心は必要か?
摘心するときの注意点

初夏から夏にかけて「抽苔」

つまり「トウ(薹)」が立ってきます。

これを放置すると花が咲きますが
これがいわゆる「ネギ坊主」というものです。

花を咲かせてしまうと
その後葉が増えなくなり

固くなって食味も落ちますので
トウが見えたら
切り取ってしまいましょう。

トウを切り取ってしまえば
その後に葉が伸びてきて
栽培し続けられます。

スポンサードリンク

9. まとめ
初めてネギを育てる人にアドバイス

ネギはとにかく
水やりに気をつけてください。

水やりのコツさえつかめれば
これほど長期間栽培できて
手軽な野菜はありません。

その反面
乾燥には強いですし

ある程度の太さがあれば
根本数センチを残してばっさり収穫しても

何度でも再生する強い作物です。

あまり面倒を見ようと思わず

少し放置気味に
育てるのがうまく育てるコツです。

スポンサードリンク