この記事では

なめこの栽培方法は
原木栽培がおすすめ

についてご紹介をします。

スマホゲームアプリの
なめこ栽培キットではなく

実際にリアルに
なめこの栽培方法を解説しています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

1. なめこの栽培は初心者向きか?
それとも上級者向きか?

なめこを栽培するのになにも知らなくても
必要な道具や材料を持っていなくても

ゼロから家庭栽培初心者でも
自宅でなめこをかんたんに

作ることができる方法があります。

園芸店やホームセンターや
インターネットの通販でも

買うことができる
なめこ栽培セットというのがあります。

家庭栽培で
しいたけなどを植菌して
栽菌をしているかたは

なめこの種ごまを買うだけで
栽培をスタートすることができます。

2. なめこの栽培は春夏秋冬
どの時期に植えると最適か?

きのこの栽培方法は大きく分けて
原木栽培と菌床栽培の2つがあります。

原木栽培は
切った気に菌を植えて
キノコを育てます。

菌床栽培は
おがくずなど土でいう培養土のように

きのこの菌にあわせた栄養を
みっくすした床できのこを育てます。

自然界だと秋
気温が20℃くらいに下がってくると

発生してそれから
冬のあいだずっと収穫できます。

3. なめこの栽培は室内と屋外どちらが最適?

なめこは屋内でも屋外でも
それぞれの方法で栽培ができます。

初心者向けのなめこキットを
買って栽培する場合は

屋内でもかんたんに
育てられるようになっています。

容器やプランターに入れて
台所やリビングなどで

キッチンきのこ園のように
してたのしく栽培できます。

屋外で原木から育てるときは

  • ミズナラ
  • コナラ
  • トリキノ
  • ホオノキ
  • かえで
  • くるみ
  • サクラ
  • ブナ

などがなめこを育てるのに適しています。

4. なめこは種から?苗から?
初心者はどちらがおすすめ?

なめこ栽培キットから栽培する場合は
付いている説明書をよく読み

種植えや種の入っている菌床や
木に水を入れて湿らせたりします。

原木に植えるときは
キリをつけたドリルで穴をあけ

直径10センチの原木に
30個くらい種ごまを
木づちでトントンと打ち込みます。

やや穴の中にはいるように入れ植菌します。

5. なめこが病気になって枯れる原因と予防方法

なめこが元気に育つように
植菌したあとは原木に

菌が安定して住めるように
温かくてじめじめと湿度のある状態にします。

そのつぎは
湿度が多めで

時々太陽の光が差す
水はけのいい森の中とか

外に並べて本伏せという作業をします。
上手にできると枯らすことなく

元気なきのこが作れます。

するときのこが生えてきて
2週間~1か月くらいしたら
食べごろになります。

6. なめこに害虫がついた時の駆除方法

なめこ栽培キットを使って
家の中で栽培する場合は

害虫被害がありませんが
2日に1回くらい乾燥していそうだったら

湿り気をプラスするために
霧吹きでやさしく水やりをします。

夜など気温が下がる場合は
気温が15℃くらいが適していて
寒くなりすぎない場所に移動したりします。

ストーブやエアコンヒーターなど
部屋の中が暑くなる時も
適温の場所に移動させます。

7. なめこの栽培に
おすすめなプランターはどれ?

市販のなめこ栽培キットを使う場合
部屋の中でも

すぐ栽培がスタートできるように
プランターになる容器が

ついている場合があります。

きのこが映える原木や床や土を

ビニール袋に入れて
段ボール箱でかんたんになっているものや

ガラスケースに入れて
夜はライトアップして

幻想的なオシャレインテリアとか
楽しみ方もいろいろあります。

8. なめこの栽培で摘心は必要か?
摘心するときの注意点

なめこ栽培で摘心は必要ありません。

大きく成長したきのこから
とっていくと長く楽しめることができます。

なめこの収穫の際は
きのこのかさの部分が大きくなって

かさの裏側の膜に切れ目が
見えて着たらはさみや包丁や

カッターナイフで株の付け根から
ていねいに切って取ります。

きのこのあしの部分の
固い部分や土をきれいにとってから
料理をします。

スポンサードリンク

9. まとめ 初めてなめこを育てる人にアドバイス

なめこはツルツルした
光沢感のあるぬめりが
傘の部分にあるきのこで

なめこ栽培のゲームなど
人気があります。

なめこを初めて育てる人は
なめこの栽培キットを買って
育てるのがかんたんでオススメです。

ちょっとづつ少しづつ
大きくなっていくなめこの成長を
眺めていると

とっても楽しくおもしろいです。

収穫したら
和風だしで暗にして
お豆腐やごはんや麺類にかけたり

お吸い物やお味噌汁に入れたり
美味しく食べれるレシピも
いっぱいあります。

スポンサードリンク