この記事は

「モロヘイヤの栽培は種から?
種まきと肥料のコツと病気対策」

についてご紹介しています。

モロヘイヤの栽培は

種からなのか
苗からなのか

初心者でも簡単にできるのか。

種まきの時期と
肥料をまくタイミング

枯れないための病気対策と予防策
おすすめのプランターなど

これからモロヘイヤを
栽培する人に向けて
詳しく解説をしていきます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

1. モロヘイヤの栽培は初心者向きか?
それとも上級者向きか?

非常に丈夫で手がかからないため
初心者にもおすすめです。

葉物野菜なので
実を成らせるための
受粉作業も必要ありません。

食用に適した先端
15センチほどの部分を収穫しますが

その後も適時追肥を行い
減った土を足していくと

またすぐに生育していきます。

高さが出てくれば
倒れやすくなるため支柱が

必要になりますが
コンテナと土があれば

すぐに栽培を
始めることができます。

2. モロヘイヤの栽培は
春夏秋冬どの時期に植えると最適か?

植え付けは
5月~6月が最適です。

夏野菜ですので寒さには弱いため
冬は屋外での栽培はできません。

気温が低いと
種まきの場合は発芽せず

苗でも生育が進みませんので

遅霜の心配が
なくなる時期まで待ちましょう。

成長も早く
夏から秋まで

長期間収穫できますので
少しくらい植え付けが
遅くなっても栽培は可能です。

3. モロヘイヤの栽培は
室内と屋外どちらが最適?

モロヘイヤは
一株で夏から秋まで
たくさん収穫できます。

種からの場合は
育苗ポットである程度まで
育ててから

プランターに
移植する方法を取ります。

ですが
たくさん消費する家庭でなければ
わざわざ種から育てるメリットは
あまりないと言えるでしょう。

栽培も苗から育てたほうが簡単で
収穫までの期間も

短くて済みますので
初心者には苗からの方がおすすめです。

4. モロヘイヤは種から?苗から?
初心者はどちらがおすすめ?

モロヘイヤは一株で夏から秋まで
たくさん収穫できます。

種からの場合は
育苗ポットである程度まで育ててから
プランターに移植する方法を取ります。

ですが

たくさん消費する家庭でなければ
わざわざ種から育てる

メリットはあまりないと言えるでしょう。

栽培も苗から育てたほうが簡単で
収穫までの期間も

短くて済みますので
初心者には苗からの方がおすすめです

5. モロヘイヤが病気になって
枯れる原因と予防方法

黒星病という
葉に黒い斑点ができる
病気にかかることがあります。

梅雨など長雨が続くと
発症しやすいので

あまり雨に
当たらないようにしましょう。

その他
水不足や肥料不足が考えられます。

水切れしないように
毎日水やりし

土が減ってくれば
あたらしい用土を足していきます。

追肥も収穫まで1ヶ月に1~2回
収穫が始まってからは
生育の状況を見ながら行います。

6. モロヘイヤに
害虫がついた時の駆除方法

モロヘイヤは
害虫があまりつかないことから

育てやすいとされています。

それでも

アブラムシやハダニが
付くことがありますが
これらの虫は小さく

寒冷紗で覆うことなどで
完全に防ぐことは難しいです。

風通しが良くなるように
葉の混み合った部分は摘み取ったり

長時間の雨で湿気が
高くなりすぎないことで

害虫が好む環境を
作らないように気を付けましょう。

7. モロヘイヤの栽培に
おすすめなプランターはどれ?

プランターは
2株程度を植える程度なら

あまり大きなものを
用意する必要はありません。

16リットル以上であれば
十分栽培可能です。

深さも
あったほうが良いですが
あまりこだわらなくても大丈夫です。

葉が多く茂りますので
株間が20~30センチ以上

開けられる形状のものを
選ぶようにしてください。

特殊な機能は必要ありません。

8. モロヘイヤの栽培で摘心は必要か?
摘心するときの注意点

わき芽を伸ばすと
より多くの収穫が見込めます。

高さを適正に抑えることで
管理もしやすくなりますので
摘心は行ったほうが良いでしょう。

株が高さ30~40センチに成長し
わき芽が出てきたら摘心します。

わき芽の出ている
節のすぐ上で切りますが

この時不衛生なハサミを使うと
病気に感染する場合がありますので
清潔なハサミを使って切りましょう。

スポンサードリンク

9. まとめ
初めてモロヘイヤを育てる人にアドバイス

モロヘイヤは
夏の時期に栽培・収穫できる
葉物としてはめずらしい野菜です。

粘り気のある独特の食感が
あり食味も良くレパートリーも豊富

栄養価も非常に高いので
夏バテ防止に最適です。

毒のある種を口にすることがない様
花が咲いてくるころには

収穫を
終わらせなければなりませんが

それまでの期間
長く栽培を楽しむことができます。

スポンサードリンク