この記事では

「三つ葉の育て方栽培方法
おすすめプランター 水耕栽培のコツ」

についてご紹介をします。

初めて三つ葉を栽培する方に向けて
詳しく解説をしていきます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

1. 三つ葉の栽培は初心者向きか?
それとも上級者向きか?

三つ葉は日本原産で
アジアや日本食に使われることが多い
ハーブ野菜です。

もともと野草なので
どこでもかんたんに
初心者でも栽培することができます。

湿気があり暑い日本の気候や
日本の土で何もしなくてもちょうどよく育ち

お店で売られているものより
家庭栽培したフレッシュなものは
香りもよくおいしく食べることができます。

2. 三つ葉の栽培は
春夏秋冬どの時期に植えると最適か?

種まきは4月春や9月秋など
気温が18℃くらいの天候が

寒くなく暑すぎず
あたたかい頃がちょうどいいです。

一年に春と秋2回種まきを
することができます。

日当たりがいい場所や
木の下など木陰や日陰が大好きで
よく育ちます。

真夏など直射日光がきついと
枯れてしまうので

ほどよい場所がよく
日が当たるほどしっかりと育ち
日が当たらないとひょろひょろっと育ちます。

冬になって雪や霜が降ると枯れます。

また春になると同じ場所から
新しい芽がでてこぼれた種でも育ちます。

3. 三つ葉の栽培は
室内と屋外どちらが最適?

屋外の畑や路地栽培は
日本古来の野草なので

屋外や屋内などどこでも
気にせずかんたんに
自然に育てることができます。

プランターで育てるときは
土が乾燥しすぎなうように
水やりに気をつけます。

プランターへの水やりは
土が乾燥したらプランターの下から

水が滴るようプランター内の土を
まんべんなく湿らせるように水やりをします。

夏場は
乾きやすいので
水やりの回数も調節します。

4. 三つ葉は種から?苗から?
初心者はどちらがおすすめ?

種は発芽しにくいので
パラパラと重なり合わないように
ふりかけるように多めに蒔きます。

蒔いた種は
太陽の光に向かって

発芽するので
種の上にごくうすめに土をかけます。

芽がでるまで2週間ほどかかり
その間水分が

いつも乾燥しないように
与えることが必要です。

水耕栽培で育てることもできます。

発芽してぎゅうぎゅうになってきたら
日光が当たりやすく
風通しが良いように間引きをします。

土で育てるときは
やや湿り気があると
元気によく育ちます。

5. 三つ葉が病気になって
枯れる原因と予防方法

三つ葉が枯れてしまう原因に
水が足りないことや

直射日光など日当たりが良すぎて
乾燥してしまい枯れてしまうことがあります。

暑いととても早くよく育ちますが
直射日光で葉っぱが傷んでしまうので

日陰に移動させたり
種まきする時点で木の下やベランダの日陰など

お昼など日が高い時間に
日陰になる場所に植えると

後々世話がかんたんで便利です。

6. 三つ葉に害虫がついた時の駆除方法

三つ葉には
アブラムシがつくことがあります。

アブラムシは繁殖しやすく
早めに駆除する必要があります。

アブラムシが発生したら
その部分をむしって捨てるとか
水で洗い流したりします。

農薬を使う必要がないくらい
よく生えてきて育つので

有機で育てやすく薬を使ったケアは
あまり必要ありません。

三つ葉は馬が大好きな野草のひとつで
野生のヤマミツバというのもありますが
これは食用にはできません。

7. 三つ葉の栽培に
おすすめなプランターはどれ?

土を使った栽培や水耕栽培など
幅広くかんたんにでき

入れ物は
プラスチックのトレーなど
なんでも使うことができます。

三つ葉をはじめとするせり科の野菜や
植物は連作すると上手く育ちません。

プランターで育てる場合は
新しい土を使って
次のシーズンの栽培をしてください。

三つ葉は野草・雑草で
白い花が咲き種ができて

そのこぼれ種で
またあたらしく発芽していきます。

こぼれ種から育った
交配を繰り返した三つ葉は

どんどんパワーアップして

葉は固く
香りの強くなります。

8. 三つ葉の栽培で摘心は必要か?
摘心するときの注意点

三つ葉を植えていて
ぎゅうぎゅうの時は
隙間をあけるように間引いたり

雑草を抜いて栄養分が
よく行くように毎日小まめに

チェックするとキレイに美しく
育てることがかんたんにできます。

収穫する時は根っこを抜かないように
茎を5センチほどの長さ
残してカットしたり

大きくなった葉っぱだけを
料理に使うだけとっていくと

小さな新芽や葉っぱが
成長し続けて
長く食べることができます。

スポンサードリンク

9. まとめ
初めて三つ葉を育てる人にアドバイス

三つ葉は香りがよく栄養も豊富で
和風のお吸い物に入れたり

ちらし寿司など幅広い和食料理に
彩りと香りをプラスできるハーブ野菜です。

家庭でもかんたんに育てることができ

欲しいときにプランターや畑から
立派に育った葉を必要なだけ収穫して
お料理に使うことができるので

毎回買うよりリーズナブルでおすすめです。

初めて三つ葉を育てる場合は
庭や畑など自然な
日本の気候がいちばん適しているので

プランター栽培より
かんたんでおすすめです。

スポンサードリンク