この記事は

「ミントの栽培は室内可能か?
育て方の注意点や
アブラムシの害虫駆除」

についてご紹介しています。

これからミントを栽培する方に向けて

室内可能か、屋外でも栽培可能か
ミントの育て方の注意点や

アブラムシなどの外注の駆除や予防対策
種からか、苗から育てるべきなのか

おすすめのプランターは
どれがいいか、など

詳しく解説をしていきます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

1. ミントの栽培は初心者向きか?
それとも上級者向きか?

ミントはシソ科の植物で多年草です。

とても丈夫で枯れにくいミントは
家庭菜園が初心者の方でも
簡単に育てることができます。

ハーブの中でも
比較的育てやすい植物といえます。

ミントは
地下茎を張り巡らせるくらいの
生命力があるので

他の植物と一緒に
植えるのには適しませんが

ミント単品を育てるのであれば
大きめのプランタを
用意できれば大丈夫です。

2. ミントの栽培は
春夏秋冬どの時期に植えると最適か?

ミントは多年草のため
1年中いつでも植えることができます。

ただ
元気に育つことのできる気温は
15度~25度と言われているので

冬の寒い時期や
真夏の猛暑の時期は
避けたほうが良いです。

それ以外の時期でしたら
いつでも好きな時に
植えることができます。

植える時期としてちょうど良いのは

4月~6月下旬までか
9月中旬~10月中旬が

最も適しているといえます。

3. ミントの栽培は室内と
屋外どちらが最適?

ミントは程よい日差しと
風通しの良い場所で元気に育ちます。

できればベランダや庭などの
野外で育てるのが良いでしょう。

外で育てる場合は
直射日光は避けてください。

だからといって
日差しが全く当たらない
というのも良くないので

直射日光を避けた
明るい場所に置くようにしましょう。

ミントは乾燥に弱い特徴がありますし
冬は地下茎が枯れてしまうので

冬でもミントを収穫したい場合は
15度~25度の室内で育てる方法も良いです。

4. ミントは種から?苗から?
初心者はどちらがおすすめ?

ミントは種からも育てることはできますが
家庭菜園が初めての人は
苗からスタートするのがおすすめです。

ミントは
地下茎をたくさん
張り巡らせている元気なものを選びたいので

苗を選ぶ際は
土からたくさん芽が出ているものを
選ぶのが良いです。

また
ミントの葉が濃い緑色のものは
元気な証拠ですので

それ以外の斑点があったり
色の薄いものは避けたほうが良いです。

5. ミントが病気になって
枯れる原因と予防方法

ミントは
多年草で繁殖力のある植物なので
特に病気や害虫の心配はありません。

しかし
乾燥に弱かったり
極端な湿気を嫌います。

梅雨の時期は枯れてしまったり
病気になる場合もあるので

乾燥には
十分に注意して梅雨の時期は
風通しの良い場所に置くようにしましょう。

もし
枯れてしまったり病気になってしまったら
その部分の葉を切り取りましょう。

繁殖力のあるミントは
すぐに新しい葉を生やしてくれるので
慌てなくても大丈夫です。

6. ミントに害虫がついた時の駆除方法

ミントは丈夫ですが
虫がつかないというわけではありません。

ミントでも生えたての葉や
芽などは虫が付いてしまう
場合もあります。

予防としては
根元に
殺虫剤の処置をするのも有効です。

そのほかだと
乾燥させないようにこまめに

葉に水をスプレーしてあげたり
風通しを良くするのも予防になります。

植物に良く付くアブラムシは
厄介な害虫ですので

虫が付く前の予防を
しっかりとしましょう。

7. ミントの栽培に
おすすめなプランターはどれ?

ミントを育てるのに
おすすめのプランターは
深さのあるものです。

地下茎を張り巡らせる特徴があるので
ある程度の深さと
大きさのあるプランターが良いでしょう。

目安としては
深さが20cmくらいがベストです。

また
ミントは1年に1度プランターの
移し替えをすることもおすすめします。

ずっと同じプランターに入れていると
根詰まりしてしまうこともあるので
新しいプランターに変えると良いです。

8. ミントの栽培で摘心は必要か?
摘心するときの注意点

ミントは摘心することで
ミントの葉をたくさん
育てることができるようになります。

茎のちょっと上か
芽が出ている場所の少し上を
切るのがコツです。

最初はせっかく育ったのに
ともったいないという

感情があるかもしれませんが
摘心することで

よりたくさんのミントと葉を
生やすことができるので

是非挑戦してみてください。

スポンサードリンク

9. まとめ
初めてミントを育てる人にアドバイス

ミントはハーブの中でも
繁殖力が強くて家庭菜園が

初心者の人でも
簡単に育てられるのでおすすめです。

ミントの近くで他の植物を育てることと
乾燥
直射日光に気を付ければ
特に大きなトラブルもなく育てられます。

また
風通しの良い場所に

置くことも忘れずに行ってください。

ミントは料理のアクセントとして
活躍しますし

ミントティーやカクテルのモヒートなど
お洒落なドリンクにもなるので

料理が好きな人は
楽しみながら
ミントを育てられると思います。

スポンサードリンク