この記事では

マリーゴールドの育て方
摘心と挿し木と切り戻しのコツ
種まきの時期はいつ頃

についてご紹介をしています。

マリーゴールドは初心者でも
育てることはできるのか

マリーゴールドの摘心と挿し木と
切り戻しをするときの注意点とコツ

マリーゴールドの種まきの時期など

これからマリーゴールドを育てる方に向けて
詳しく解説をしていきます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

1. マリーゴールドの栽培は初心者向きか?
それとも上級者向きか?

マリーゴールドの栽培は
初心者でも比較的簡単にできます。

少々暑い夏でもよっぽど
水を切らすようなことでもなければ

ほぼほったらかしで丈夫に育ち続けます。

夏の前後にホームセンターなどで
一苗100円前後で売っていますので

それを鉢や花壇に植え替えるだけで
数ヶ月の間

綺麗なオレンジ色の花が
一苗に複数個咲き続けます。

2. マリーゴールドの栽培は
春夏秋冬どの時期に植えると最適か?

春から夏の間に植えるのがベストです。

タネを蒔いて育てる場合は
4月から5月の温かくなった時期を見計らって
植えると良いでしょう。

苗から植える場合は
夏の前ぐらいまではホームセンターで
苗を見かけるので

それを植えると良いです。

ただし
一年草で寒くなると枯れてしまうため
秋を過ぎてから植えても育ちが良くないです。

3. マリーゴールドの栽培は
室内と屋外どちらが最適?

マリーゴールドは日光を好むため
できれば花壇や鉢などに植え
屋外で育てることをお勧めします。

室内で育てることも可能ですが
できるだけ大きめの鉢に植えて

太陽の良く当たる温かな窓際で
育てると良いでしょう。

水が切れた場合には
たっぷりと土が濡れるまで
水をやってください。

真夏に外出する場合には
室内が暑くなりますので
要注意です。

4. マリーゴールドは種から?苗から?
初心者はどちらがおすすめ?

初心者のうちは
苗から植えることをお勧めします。

購入の際に
茎が太くて花または

蕾がしっかりと大きなものを
選ぶと良いでしょう。

2回目以降は
タネから育ても良いです。

秋になって枯れた
花にたくさんの細長いタネが
詰まっていますので

それを取っておき
翌年の春から初夏に植えると

数多くの苗を
自分で作ることができます。

この場合
苗代がかからないので非常にお得です。

5. マリーゴールドが病気になって
枯れる原因と予防方法

マリーゴールドは
非常に丈夫な花ですが

まれに立ち枯れ病に
かかってしまう場合があります。

タネから育てる場合
枯れないようにするには

できるだけ
清潔な土で育てると良いようです。

日光に十分あたる花壇で
育てると元気に育ち

病気になりにくいです。

また
水をあげる場合は
頻繁にあげすぎず
土が乾いてからにしましょう。

6. マリーゴールドに害虫がついた時の駆除方法

マリーゴールドに集まりやすい害虫としては
ハダニです。

ハダニが一度ついてしまうと
成長が急に止まってしまうこと
があるので要注意です。

見つけ次第
各種薬剤でハダニを駆除すると
良いでしょう。

ホームセンターに
各種薬剤が揃っていますので

効能を確かめた上でできれば
環境に優しい植物成分由来の薬剤を
選ぶと良いでしょう。

7. マリーゴールドの栽培に
おすすめなプランターはどれ?

マリーゴールドは丈夫な植物であるため
どのようなプランタでも比較的良好に育ちます。

根がしっかり生えるため
できるだけ土が多めのプランタを
選ぶと良いでしょう。

また
オレンジ色が非常に生える花が
たくさんでき、、

通路等を見栄え良くすることができるため
細長いプランタに植えると良いです。

あるいは
壁に吊るすタイプのプランタに
植えても豪華な演出ができて良いでしょう。

8. マリーゴールドの栽培で摘心は必要か?
摘心するときの注意点

摘心は必ずしも必要ではないですが
摘心をすることで他の植物と同様

たくさんの花を咲かせることが
可能となります。

まだ苗が小さい時点で蕾を見つけ
蕾の先を摘み取ることと良いでしょう。

わきから新しい芽が出てきて苗が
全体的に大きく育ちます。

結果的にたくさんの蕾がつくため
非常にボリュームがあり見応えのある背丈になります。

スポンサードリンク

9. まとめ
初めてマリーゴールドを育てる人にアドバイス

マリーゴールドは
非常に丈夫で育てやすいため

初心者の方が花を植える場合には
最初にお勧めしたい花です。

水を少々やらなくてもしっかりと
丈夫に育ってくれます。

初心者のうちは
苗を購入してプランタや花壇に植え

夏の間
オレンジ色の彩りを楽しむと良いでしょう。

少し慣れてきた場合には
タネから育てることをお勧めします。

自分でタネを取って育てると
たくさんの苗を自分で作ることができるので

花壇やプランタが一気に
賑やかになり

育てる喜びを感じることができます。

スポンサードリンク