この記事では

小松菜の育て方栽培方法
おすすめのプランターと
種まきの最適時期

についてご紹介をします。

初心者でも簡単に
小松菜を育てられるのか

おすすめのプランターと
おすすめの種まき時期など

これから困る名を育てる方に向けて
分かりやすく解説をしていきます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

1. 小松菜の栽培は初心者向きか?
それとも上級者向きか?

小松菜の生育適温は20度前後です。

比較的冷涼な環境を好みます。

暑さや寒さにも強く
真夏
真冬を除けば
通年栽培できるのが魅力です。

連作の被害もどれほど
気にしなくてもよく

収穫期間も30日程度なので

他の野菜の間に
植えて収穫することも可能です。

小松菜は
種をまけば必ず生えてくるほど
栽培がしやすく

普段の手間も水やり位なので
初心者向きの野菜といえます。

2. 小松菜の栽培は
春夏秋冬どの時期に植えると最適か?

小松菜は
寒さや暑さに
比較的強い野菜です。

一般的に栽培に
適している時期は

3月下旬から
10月下旬位までの間が
育てやすいです。

熱くなってくると葉に
アブラムシ等の害虫が
発生し葉を食べられてしまう事が
ありますので

害虫の被害を考えると
9月から10月位の秋まきが
一番失敗なく栽培できます。

また逆に寒くなってくる
晩秋から冬にかけては
発芽を早める目的に

べたかけをして土を覆うと良いです。

3. 小松菜の栽培は
室内と屋外どちらが最適?

小松菜は
室内でも屋外でも
両方栽培が可能です。

小松菜の生育には
日光が必要になりますので

室内での栽培の場合は

窓際の日のよく当たる所に
プランターを置いて育てます。

冬は室内だと
日があまり当たりませんので

出来たら屋外で
しっかりと日光にあてた方が
良く育ちます。

でも
間引きや追肥などの
手間を考えると

室内が汚れてしまいますので
屋外での栽培が最適です。

4. 小松菜は種から?苗から?
初心者はどちらがおすすめ?

小松菜は種からでも
苗からでも栽培が可能です。

種からの場合は
種をまいてから発芽したら

密集している苗を
一部だけ残して

残りを摘み取る間引きを
しっかりと行います。

間引きをすることで
苗に栄養分が
十分行き届くようになり

苗がのびのびと育つようになります。

間引きをする時の
注意点をあげるとすれば

はさみで丁寧に
枝をカットすることです。

そうする事で
周りの枝を傷めずに済むからです。

5. 小松菜が病気になって
枯れる原因と予防方法

小松菜が枯れてしまう原因として

  • モザイク病
  • アブラムシ

などの害虫被害が
考えられます。

モザイク病の対策として
一度栽培した土での
連作をさけて新しい土で

植え付けをすること。

また水やりのし過ぎを防ぎ
高温多湿になることを
避ける事です。

アブラムシ対策としては

  • 薬剤を散布したり
  • 害虫ネット

を使いアブラムシが
つかないようにする事です。

6. 小松菜に害虫がついた時の
駆除方法

小松菜は病気には
比較的強いといわれています。

しかし

  • モザイク病
  • アブラムシ
  • アオムシ

などの害虫被害にあう事があります。

モザイク病は
連作栽培を避けて新しい土で
栽培すること

石灰をきちんと施して
土壌を殺菌することで
避けられます。

  • アブラムシ
  • アオムシ

の被害は
害虫を見つけたらすぐに
駆除すること

防虫ネットをかけて
害虫が寄り付かないように
する事で避けられます。

7. 小松菜の栽培に
おすすめなプランターはどれ?

プランター栽培の場合
大きさとしては深さが
20センチ以上で

横が65センチ以上の
標準タイプのプランターで
十分栽培することができます。

大きさの目安として
あまり苗同志が近くなり過ぎると
苗の育ちが悪くるので

種まきし
間引きを行う事を前提に
適度な間隔をもたせる事。

小松菜は上に
伸びていく野菜なので

深さはそこまで
深くなくてもいいでしょう。

8. 小松菜の栽培で摘心は必要か?
摘心するときの注意点

小松菜の栽培において
摘心は必要ありません。

小松菜を大きく育てるのは
間引きをしっかりする事です。

小松菜は生育期間が短いので
本葉が3から4枚程度になったら
2回目の間引きをします。

株の間隔は5センチ程度
あけましょう。

上から見たときに
千鳥状に間引くと
大きく育ちます。

また
追肥をすることで
より大きく育てる事ができます。

スポンサードリンク

9. まとめ
初めて小松菜を育てる人にアドバイス

小松菜は害虫被害も少なく
暑さや寒さにも
強く通年を通して栽培できるので

野菜栽培初心者の方には
最適な野菜だと言えます。

土壌も
特に気にする事もなく
しっかりと耕し
石灰をまくだけで十分です。

水やりも
高温多湿になる事を
避ければ

普段の水やりで
十分育てる事ができます。

また
畑以外にもプランターでの
栽培が可能なので

場所を選ばす気軽に
栽培できるのも魅力といえます。

スポンサードリンク