この記事では

「カリフラワーを自宅の室内で
簡単に栽培する育て方」

についてご紹介をします。

以外にも
カリフラワーを

自宅の室内で
栽培することが可能なのです。

でも
たくさんカリフラワーを栽培するには
屋外が理想的ですが。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

1. カリフラワーの栽培は初心者向きか?
それとも上級者向きか?

カリフラワーは
ブロッコリーの改良された品種になります。

なのでブロッコリーを
育てたかたであれば基本は同じといえます。

カリフラワーは
種類が豊富ですが

大きいカリフラワーになるほど
上級者むけといえますが

スティックカリフラワーなどの
比較的小さいカリフラワーであれば

プランターで育てるなど
初心者でも可能です。

2. カリフラワーの栽培は春夏秋冬
どの時期に植えると最適か?

カリフラワーは
品種により植え始める時期に
差がかなりある野菜ですが

基本的には
5月から8月の時期が多いです。

耐暑性が高い野菜ですので
早めに植え付けを始めても
大丈夫なこともあり育てやすいと言えます。

春や秋などが適していますが
プランターなどでの室内栽培であれば
一年を通してどの時期でも育てることも可能です。

3. カリフラワーの栽培は
室内と屋外どちらが最適?

カリフラワーは
とても大きく育つ野菜ですので
屋外での栽培がおすすめです。

室内
屋外生育過程には
問題ありませんが

プランターで栽培する場合は
カリフラワーひとつに対して

ひとつずつ余裕のあるプランターを
用意してあげることが望ましいです。

比較的小さな
スティックカリフラワーなどの
品種でしたら

害虫対策にもなりますので
プランターでの
室内栽培も成功しやすくなる要因です。

4. カリフラワーは種から?苗から?
初心者はどちらがおすすめ?

カリフラワーは
害虫がとてもつきやすい品種です。

無農薬ではかなり難易度があがりますので
苗からの栽培の方が
初心者には適しています。

種から育てるのであれば
ある程度の知識が必要となりますので
中級者むきになってきます。

防虫ネットなどの防止策と
害虫をよける薬剤を

上手に使うことで種からでも
初心者での栽培がしやすくなってきます。

5. カリフラワーが病気になって
枯れる原因と予防方法

カリフラワーは
肥料と水をあげることが
かなり大事な野菜です。

種の段階でも苗でも
とにかくそこの部分だけは
欠かさないようにしないと

すぐに枯れてしまうほど
栄養が必要な野菜です。

それ以外ですと害虫にくわれてしまったり

もともと土の状態が良くなかった
カビや病気にかかってしまったなどの
原因が考えられます。

その場合は薬剤投与による
予防や対策が必要です。

6. カリフラワーに
害虫がついた時の駆除方法

カリフラワーは
とても害虫がつきやすい野菜です。

無農薬で育てることは
とても難しいですが

スティックカリフラワーなど
小さめの品種を選び室内で

育てることで害虫がつきにくくなり
育てやすくなります。

とくにアオムシなどがつきやすく
種や苗などの

初期の段階からしっかりと
防虫ネットをはるなど対策をし

害虫がついてしまったさいは
薬剤を使ってください。

7. カリフラワーの栽培に
おすすめなプランターはどれ?

しっかりした大きなカリフラワーの場合は
苗から育てたとしても
2ヶ月以上かかります。

ですのでできるだけ
しっかりとしたコンテナの大きいサイズを
選んであげることが重要です。

比較的小さな
スティックカリフラワーなどの
品種の場合は

その品種にあった
標準サイズのプランターで
かまいません。

どちらにしても
ひとつのカリフラワーに

ひとつのプランターを
使うことをおすすめします。

8. カリフラワーの栽培で摘心は必要か?
摘心するときの注意点

カリフラワーは
品種によって摘心が

少しかわってきますが
重要な部分は花蕾になります。

花蕾は日光に
強くあたりすぎると

変色してしまったり
逆に広がって
育ちすぎてしまう場合があります。

たとえば
育てやすいスティックカリフラワーでしたら
花蕾が500円玉程度のの大きさに

育ったことを
目安に摘心してあげることがベストです。

スポンサードリンク

9. まとめ 初めて
カリフラワーを育てる人にアドバイス

カリフラワーは
ビタミンも豊富で
たくさんの種類があります。

ただ失敗もしやすい野菜なので

まずはスティックカリフラワーや
ミニカリフラワーとよばれる

初心者むきのものから
初めて練習することで

コツなどをつかんでいくと
良いと思います。

真っ白な大きなカリフラワーの
栽培に成功したときの
喜びは一塩です。

ぜひ失敗も
美味しくいただきながら
楽しみましょう

スポンサードリンク