この記事は

初心者のカモミールの育て方
プランターか地植えか?
間引きするコツ

についてご紹介しています。

初心者でもカモミールを
育てることはできるのか

カモミールは、プランター化
地植えのどちらで育てるべきか

間引きや摘心をするコツなど

これからカモミールを育てる方に向けて
詳しく解説をしていきます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

1. カモミールの栽培は初心者向きか?
それとも上級者向きか?

見た目も可愛らしく香りの良い
カモミール。

小さめで細く
繊細な印象がありますが

初心者の方でも簡単に
育てることが可能な植物です。

おおよそではありますが
ハーブの栽培は日々の水やりは
怠らない方であれば十分に

そして手軽に育てることが可能です。

むしろ初心者の方だからこそ
ハーブ類からトライすることをお勧め致します。

2. カモミールの栽培は
春夏秋冬どの時期に植えると最適か?

植え付けにお勧めな時期は
春と秋です。

カモミールといっても
種類が色々あります。

中には秋口が
向いている品種もあるようです。

また秋の方が
根が強くなりやすいとも言われています。

夏場は芽は出るかもしれませんが
強過ぎる日差しでは
育ちにくくなるでしょう。

寒さには比較的強いですが
発芽の時期はやはり春か秋がベストでしょう。

3. カモミールの栽培は
室内と屋外どちらが最適?

カモミールは
日当りが良く

水はけの良い場所で
育てることをお勧めします。

ハーブ全般
光や風がある方が育ちやすいです。

よって外で
育てるのがベストです。

香りが良いので
室内でも育てたいと思うでしょうが

室内だと光が足りなくなったり
水はけもさせにくくなってしまいます。

病気にも繋がりやすくなりますので
なるべく外で育てましょう。

4. カモミールは種から?苗から?
初心者はどちらがおすすめ?

カモミールは
種もたくさん売られておりますが

カモミールの種は非常に細かく
土と見分けるのも難しいことから

初心者の方にはやはり
苗を買って植え付けることを
お勧め致します。

種からでも発芽させるのは
難しくはありませんが

発芽まで10日前後かかることから
初心者の方には安心安全な苗から
のスタートをお勧め致します。

5. カモミールが病気になって
枯れる原因と予防方法

カモミールが
病気になってしまうことで

考えられるのはやはり「水はけ」です。

どうしてもジメジメしてしまうと
根腐れを起こしやすくなりますので
水やり後の水はけ具合には気をつけましょう。

日当りが良く風が通る箇所にて
行うようにしてください。

またアブラムシに茎芯を
食べられる被害も枯れる原因となりますので
早めに対策しましょう。

6. カモミールに害虫がついた時の駆除方法

カモミールは
育てる場所や地域によって
害虫がつきやすいかどうかが変わってきます。

特にアブラムシが好み
1度ついてしまうと駆除が大変面倒です。

アブラムシがもしもついてしまった場合には
牛乳スプレーが効果的です。

少しもったいない気もしますが
薄めず使うことがポイントです。

片栗粉を水溶きしたものも
同様の効果が得られます。

7. カモミールの栽培に
おすすめなプランターはどれ?

カモミールのプランターは
あまり深くなく

横幅などは広いものをお勧め致します。

カモミールは次々と横から
花芽などを出しふわふわと

広がって育つため
幅広のものを選ぶと良いでしょう。

また
水はけが良い鉢がいいので
素焼きの鉢などは非常に
相性がよいのではないでしょうか。

そのため深過ぎるものは
水はけに時間がかかるので気をつけたいですね。

8. カモミールの栽培で摘心は必要か?
摘心するときの注意点

カモミールは摘心は
必要ありません。

あえて言うのであれば
種まきでスタートした場合

種からの芽が集中して
ぶつかり合いになってしまった場合は

いくつか抜いて少し間隔を空けてあげる方が
良いでしょう。

種自体が細かく水浮きやすいことから
浮いて流されて1カ所に集まってしまうなどは
種まきスタートの際はありがちなことでしょう。

スポンサードリンク

9. まとめ
初めてカモミールを育てる人にアドバイス

カモミールは
比較的育てやすい品種ですが
気をつけたいのはやはり
「アブラムシの駆除」です。

たくさんついてからでは
駆除も大変になりますので

始めから少しずつ軽くかけておいて
予防するのも得策です。

また牛乳はまれに
匂いが残ることもありますので

気になるようであれば
水溶き片栗粉の使用をお勧め致します。

かけた後は乾くまで水で流さないのも大切です。

スポンサードリンク