この記事では

カーネーション鉢植えの育て方
種まきはいつ頃が最適?

についてご紹介をしています。

  • 花壇で植えるべきか
  • 鉢植えで植えるべきか
  • 室内で育てられるのかなど

初めてカーネーションを育てる方に向けて
詳しく解説をしております。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

1. カーネーションの栽培は初心者向きか?
それとも上級者向きか?

カーネーションは
ある程度の花の栽培経験を持った

中級者向けのお花です。

本来
カーネンションは宿根草ですが
害虫が付きやすく

病気にも掛りやすいので
何年も楽しむというのは難しと言われ

本によっては
一年草扱いとされていることも多いです。

しかし
管理方法さえ間違えなければ

冬を越して来年も
そのまた次の年も
花を咲かせることは可能です。

2. カーネーションの栽培は
春夏秋冬どの時期に植えると最適か?

カーネンションの
最適な植え付け時期は
春と秋です。

他の多くの花と同じように
5度以下の寒さに弱く
30度以上の暑さにも弱いです。

ですから
真夏の場合は
直射日光で傷んでしまうので
真夏は肥料を止めて
半日陰に移動させてください。

また
冬は基本的に室内で管理し
5度以下にならないように
気をつけましょう。

3. カーネーションの栽培は
室内と屋外どちらが最適?

カーネンションは
基本的に日光を非常に好むので

できれば屋外の方が栽培しやすいですが
屋内であっても日当たりの良い窓際に置けば
栽培は可能です。

しかし
日光が不足してしまうと

花の色があせたり
つぼみが開ききらない場合がでてくるので

光がきちんと当たっているかを
しっかりと確認することが大切です。

そして
週に何度かは
外に出してあげましょう。

4. カーネーションは種から?苗から?
初心者はどちらがおすすめ?

初心者は苗から育てたほうが
育てやすいです。

寒さに弱い花なので
育て始める時期は
冬の寒い時期は避けたほうがいいでしょう。

また
管理する際の温度ですが
カーネーションは

高温多湿に弱いために
30度以上になると
成長が止まり

真夏の直射日光に
傷んでしまいます。

真夏は肥料を止めて
半日陰に移動させてください。

5. カーネーションが病気になって
枯れる原因と予防方法

カーネーションは
つぼみの部分に水が掛かってしまうと

つぼみがどんどんと傷みだして
最悪の場合は

そのまま枯れしまい
傷んだ部分から病気が発生してしまいます。

そして
病気が株全体に
広がっていくことになります。

なので
水をやる場合には必ず

上から掛けるのではなく
土に水を注ぐようにして下さい。

土が乾いたら水を
タップリやってください。

6. カーネーションに
害虫がついた時の駆除方法

カーネンションは
害虫が集まりやすい花です。

主な害虫は

  • ケラ
  • ワタアブラムシ
  • カブラヤガ
  • ハスモンヨトウ
  • クロウリハムシ

などです。

駆除の方法として一般的なのが
ソルビタン脂肪酸エステル製剤という
園芸用の殺虫剤 を散布することです。

この園芸用殺虫剤は
デンプン由来の糖と
ヤシ油の成分で作られており

食品から作られているので
人間に対しては無害で
安心して利用できます。

7. カーネーションの栽培に
おすすめなプランターはどれ?

カーネンションは
宿根草なので
どのプランターを選んでも
比較的長生きします。

ご自分の
お気に入りの材質、色、形のものを
選ぶ事が1番だと思います。

しかし
風通しや水はけが悪いプランターだと
蒸れてしまって

根がダメになってしまうことがあるため
注意が必要です。

プランターを選ぶ際は
水はけがいいかを
しっかりと確認しましょう。

8. カーネーションの栽培で摘心は必要か?
摘心するときの注意点

摘心は少なからず必要になります。

咲かないつぼみは
摘みとったほうがいいでしょう。

また
軽く押して中が空洞だったり
米粒大のつぼみは

開花する事がないため
早めに摘み取りましょう。

他にも
咲き終わりの花びらが

色あせてきたと思ったら
そのままにしておかずに摘み取ります。

そのまま放置しておくと
病気の原因や新しいつぼみが
開花しない原因になってしまいます。

スポンサードリンク

9. まとめ 初めてカーネーションを
育てる人にアドバイス

カーネンションは
花の色によって花言葉が
変わってきますが

カーネンションの共通の花言葉は
純粋な愛情」です。

見ているだけで
幸せな気分にさせてくれる
素敵なお花です。

また
いくつかのコツさえ掴んでしまえば
春と秋に長く花を楽しむことが可能です。

そして
大きくなったカーネンションは

更に大きな鉢や花壇に
植え替えて楽しむことが出来ます。

どうぞ
カーネンションの栽培を
楽しんでみてください。

スポンサードリンク