この記事では

ほうれん草の育て方
間引きをするコツ
おすすめのプランター

についてご紹介をしています。

ほうれん草は初心者でも
育てることができるのか

ほうれん草の間引きをするときのコツや
おすすめのプランター

肥料や水やりをするときの注意点など

これからほうれん草を育てる方に向けて
詳しく解説をしていきます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

1. ほうれん草の栽培は初心者向きか?
それとも上級者向きか?

ほうれん草は
発芽、生育に適している気温は
15度から20度と冷涼な気温を好みます。

寒さに強くマイナス10度くらいの
寒さにもよく耐えますが

暑さには弱く25度以上の
気温になると病気にかかりやすくなります。

日当りの良いところでの
栽培が最適ですが

多少日当たりが良くない
ベランダ等でも栽培可能です。

ほうれん草は病気にも
強く短期間の間に収穫が可能なので

初心者向きの野菜といえます。

2. ほうれん草の栽培は
春夏秋冬どの時期に植えると最適か?

ほうれん草は
25度以上の高温は病気にかかりやすく
6月~8月の日の長い条件では
とう立ちしやすいので

種まきは3~5月
9~10月が種まきの最適な時期です。

春植えのほうれん草は
高温にならないように

遮光性のネットをかけて
光と熱を調整するとうまく育てられます。

秋植えのほうれん草は
低温になり過ぎないように

マルチをかけたりホットキャップをかえたりして
土壌の保温に努めるとうまく育てられます。

3. ほうれん草の栽培は
室内と屋外どちらが最適?

ほうれん草は
日当たりの良い場所で
栽培するのが最適ですが

多少日当たりの悪いベランダでも
栽培ができる野菜です。

また土の上に出てくる野菜なので
土寄せなどの手間がかかりません。

中ぐらいのプランターで
室内でも栽培が可能です。

でも
出来れば沢山の日光に

あてて育てた方が良く育ちますので
プランターでベランダで

栽培するか畑で栽培するのが
最適な場所といえます。

4. ほうれん草は種から?苗から?
初心者はどちらがおすすめ?

ほうれん草は
酸性に傾いた土壌に弱いので

植え付け前は
石灰をまいて対策しておくといいです。

畑やプランターに
種を1センチ間隔ですじまきし

土をかぶせた後は
手のひらで軽く押さえて

たっぷりとお水をあげます。

種まき後は
2回ほど間引きを行う事で
ほうれん草が大きく育ちます。

多湿になり過ぎないように
水やりをするのも大切です。

5. ほうれん草が病気になって
枯れる原因と予防方法

ほうれん草によく発生するべと
病は多湿になり過ぎないように
お水やりに注意する事

畝を高くして排水しやすい環境を
作ってあげるのも大切なポイントです。

またほうれん草は
連作ができないので最低でも

一年は同じ土壌で
栽培するのを避けた方が良いです。

6. ほうれん草に
害虫がついた時の駆除方法

ほうれん草に
よく発生する病気にべと病があります。

初心者の方が病気を防ぐには
病気になりにくい品種を選ぶことと

多湿になり過ぎないように
水やりに注意することです。

ほうれん草は
乾燥を嫌うので晴天の日の
午前中にたっぷりとお水を上げて

日が陰る頃には葉が
乾いている状態にすることが水やりのコツです。

また酸性に傾かないように
石灰を施して土壌を準備することも大切です。

7. ほうれん草の栽培に
おすすめなプランターはどれ?

ほうれん草は土の上に
葉が出てくるので

それ程大きいプランターでなくても
十分栽培が可能です。

最適なプランターのサイズは
小型または中型です。

ほうれん草は数センチ間隔で
植え付けて間引きしながら育てられるので

植木鉢でも十分に
育てる事が可能です。

栽培過程で土寄せ等の工程がありませんので
プランターの8分目まで土を入れます。

8. ほうれん草の栽培で摘心は必要か?
摘心するときの注意点

ほうれん草には摘心が必要ありません。

ほうれん草を大きく育てるには
2回位、間引きをするといいでしょう。

間引いた後のほうれん草は
柔らかくお味噌汁に入れると美味しく頂けます。

また
収穫後のほうれん草は
葉が柔らかくて

味も濃くてスーパーで
売っているものとは全然違います。

収穫後のほうれん草は
そのまま置いておくと

しなっとしていまうので

濡れた新聞紙にくるんで
保管すると長持ちします。

スポンサードリンク

9. まとめ
初めてほうれん草を育てる人にアドバイス

ほうれん草は連作を避けて
石灰を施した土壌でよく育ちます。

寒さには強く暑さには弱いので
暑い時期の栽培を避ければ
12月頃まで植え付けができる野菜です。

多少の日当たりの悪い所でも育ちますし
栽培適期を守りムシを早期発見し
駆除すれば無農薬でも十分育てられます。

採れたてのほうれん草は
格別柔らかくて

味も濃くて美味しいです。

初心者の方には
是非挑戦してもらいたい野菜です。

スポンサードリンク