この記事では

「初心者向けハーブの育て方
ベランダか室内か?虫除け対策」

についてご紹介をします。

レモンバームなのか
ローズマリーなのか
コリアンダーなのか

種類はたくさんありますが

初めてハーブを育てる人に向けて
詳しく解説をしていきます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

1. ハーブの栽培は初心者向きか?
それとも上級者向きか?

ハーブとは
世界各国で自然に生えている
野草(雑草)のなかで

スパイスとして
料理に利用されたり

薬として利用されてきた
ものを指します。

元々が自然の草花なので
まさにハーブ栽培は
家庭菜園の入門編。

初心者の方でも
コツさえ掴めば簡単に
栽培することができますよ。

また
香りがよくその使い道も

様々なので
効能やスパイスとしての

使い方も考えながら
上級者の方でも

楽しみながら
栽培することができます。

2. ハーブの栽培は
春夏秋冬どの時期に植えると最適か?

ハーブを植える時期は
そのハーブの種類に
よって少しずつ異なります。

お勧めの種まき時期は
春~夏にかけてですが
基本的には
冬でなければどの時期でも
芽を出してくれることでしょう。

時期よりは
それぞれのハーブにあった環境
(温度・湿度・土質)を知ることが重要です。

慣れてきたら冬場に暖房の効いた
室内で種から育てることも可能ですよ。

3. ハーブの栽培は
室内と屋外どちらが最適?

ハーブは室内で育てることも可能です。

キッチンの窓際で
小さなプランターに
ハーブを植えて料理に使う

なんていうこともできます。

室内で育てる場合は
直射日光を避けつつも

完全に影にならない場所を
選んであげてください。

小さなプランターの場合は
水がすぐに切れてしまうので
こまめな水遣りを忘れずに。

ローズマリーなどの
ハーブの場合は

乾燥したあとに水をたっぷりあげると
一気に葉を出したりもしますので

付き合っていく中で加減をしてみてください。

屋外で栽培する場合は

害虫対策や雑草の除去に
気をつけながら育ててください。

種類によって乾燥した土を
好むセージやローズマリーなどの
ハーブや

半日陰の湿った土を好む
レモンバームなど

その特性に合った
場所選びをしてください。

4. ハーブは種から?苗から?
初心者はどちらがおすすめ?

種から育てたハーブは
しっかり根付きやすいですので
おすすめです。

種を巻く場合は
あまり深く埋めてしまわずに
薄く土をかける程度にしてください。

早ければ1日から2日で
小さな芽をだしてくれますよ。

ローズマリーやレモンバームなど
苗として売っているものも

ホームセンターなどで
買うことができます。

もし苗から始める場合は
ひょろながく茎が伸びたり

茎と茎の間が
離れているようなものではなく

しっかり詰まった茎の苗を選んでください。

5. ハーブが病気になって
枯れる原因と予防方法

ハーブが枯れる場合は
基本的には
日当たりか水分不足です。

もし庭の花壇などに
根付かせているのだとしたら

他の植物の陰になっていたり

もしくは
自分の伸ばした葉や株が

増えすぎて日陰を
作ってしまったりということがあります。

土の栄養が
足りないということもありえるでしょう。

ハーブは病気や虫に強いので
もし元気が無さそうだったら

まずは水はけ
日当たり

風通しと追肥を
考えながら対応してくださいね。

6. ハーブに害虫がついた時の駆除方法

セリ科のハーブ(パセリ)など
種類によっては
害虫がつくことがあります。

葉に虫食いのあとが
見られたら

よく観察してみてください。

もし芋虫が茎などにいたら
それが原因ですので
取り除いてあげてくださいね。

基本的には
害虫を取り除けば
また元気に葉を伸ばしてくれます。

基本的には香りの強い
ハーブには害虫は寄り付きにくいので
特別な害虫対策は必要ありません。

7. ハーブの栽培に
おすすめなプランターはどれ?

ハーブ栽培に
お勧めのプランターは
なるべく水はけがいいものです。

初心者の方には
プラスティックではなくて
素焼きのものをお勧めします。

プラスティックの場合は
土の表面が乾燥していても

プランターの中は水分が多すぎる
なんていうこともありますが

素焼きなら水が
プランターからも蒸発するので

土の状態を
しっかり見ることができます。

ハーブはどんどん広がるように
育つので

プランターが小さすぎない限りは
どんなサイズの物でも
栽培することができます。

セージやローズマリーなど
乾燥を好むハーブには
少し大きめのプランターを用意して

あまり混み合わないように
工夫してみてください。

8. ハーブの栽培で摘心は必要か?
摘心するときの注意点

基本的にハーブの摘心は
収穫をかねたものになります。

葉が育ってきたら
先端の方から収穫していくと
横に葉を広げてくれるようになります。

ミントやローズマリーは
込み合いすぎると

風通しが悪くなったり葉の広がりが
悪くなったりするので

特に湿気の多い時期には
通気性をよくするつもりで
刈り込んでください。

ルッコラの場合は
下のほうから収穫してくださいね。

新しい葉がどんどん出てくるので
負けないようにたくさん収穫して
お料理に使ってください。

スポンサードリンク

9. まとめ 初めてハーブを育てる人にアドバイス

一口にハーブと言っても
その用途や育て方は本当に様々です。

花壇に直植えしてもよし
ベランダのプランターで育ててもよし

室内でこぢんまりと育てるのもよし
万能な植物です。

初心者の方には
バジルやミントなどが育てやすく
使い道も幅広いのでお勧めです。

何種類か別々の
プランターに植えてみたり
室内でじっくり育ててみたり

ご自分の生活スタイルにあった
ハーブ栽培をぜひ楽しんでくださいね。

スポンサードリンク