この記事は

「グリンピースの育て方
おすすめのプランターと
グリンピース栽培のコツ」

についてご紹介しています。

これからグリンピースを
育てる方に向けて

おすすめのプランターや
初心者におすすめかどうか

栽培の注意点やコツ
害虫駆除や病気で枯れない対策など

詳しく解説をしていきます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

1. グリンピースの栽培は初心者向きか?
それとも上級者向きか?

グリンピースは
苗の冬場の管理がとても難しい植物です。

初心者には
その管理で失敗する人も多く
芽が出たまま枯れさせてしまったり

植え付けるときに
あまり成長させすぎて

実がならなかったりと決して
上級者でなくては栽培ができない

ものではありませんが

植え付けるまでの管理の仕方で
収穫が大きく変わってしまう植物の一つです。

2. グリンピースの栽培は
春夏秋冬どの時期に植えると最適か?

グリーンピースは
基本的に種から芽を出して
その苗を植え付けるものです。

種は秋が深まった時期に
まくことになります。

一冬栽培して翌春に
収穫を行う野菜です。

まだ温かい秋口に植えると
成長が早まり冬の寒さに
耐えられなくて枯れてしまうものや

冬の強い風により
大きくなりすぎた苗が
ぽきりと折れることもあり

適度な大きさで
冬を乗り越えさせることが
栽培の大きなポイントになります。

3. グリンピースの栽培は
室内と屋外どちらが最適?

グリンピースは
大きくなると盛んに

弦を伸ばしてくる野菜なので
室内栽培には向きません。

また大きくなると
とても倒れやすくなりますから

支柱でそれを支えてやらなければ
大きく成長していきません。

このグリーンピースの栽培には
長い支柱が必要不可欠なので

室内ではちょっと栽培は
無理になります。

また冬場の天候が
穏やかな地方での栽培が
お勧めです。

4. グリンピースは種から?苗から?
初心者はどちらがおすすめ?

グリーンピースは
一般的に種をまいて苗を作り
それを植え付ける形で
栽培していきます。

まれに年を越した時期に
苗として売られているものもありますが

冬場の管理が面倒だという人は
それらを利用して

栽培してもいいでしょう。

種から栽培したほうが
失敗してもどんな過程で
成長していくのかを観察することもでき

来年の勉強にもなることですから
種をまいて苗を作ってみましょう。

5. グリンピースが病気になって
枯れる原因と予防方法

枯れていく原因は
冬場の天候にあります。

植え付けを行ってしばらくして
大きくなった床に必ず
支柱を立ててやるのが大切になってきます。

またべと病などの細菌に
感染する病気もありますので

植え付けるときには植え付ける場所を
農薬で消毒してやることも大切です。

しっかりと管理をして
無事に冬を乗り越えさせることが
大きな収穫を生むことになります。

6. グリンピースに
害虫がついた時の駆除方法

冬を越して
もう少しで花が咲くなと

思っているときに葉に
真っ白な筋がつくことがあります。

これがグリンピースにつく害虫の仕業になります。

見つけた時には
すぐに農薬を散布して
この虫を駆除してやることが重要です。

この害虫は昼間の間は
見つけることが難しいので

手で駆除するより農薬で駆除するほうが
効果的になってきます。

7. グリンピースの栽培に
おすすめなプランターはどれ?

グリンピースは
成長すると背丈が伸びツルも伴って

成長してきますので
基本プランターでは栽培ができません。

あえてプランターで栽培しようと思うのなら
底が深く支柱を立てても

その支柱がぐらつかないくらいの
深い深いプランターが必要になってきます。

また栽培しようとしても
ひとつのプランターに
一本の栽培しかできないことでしょう。

8. グリンピースの栽培で摘心は必要か?
摘心するときの注意点

基本的に弦は伸びてきますが
その弦が支柱にまきつくことにより

本柱である苗が大きくなったものが
安定してきますので

摘心は必要ありません。

逆に摘心などを行うと
安定性が損なわれ
ぽっきりと折れてしまう原因になります。

春先になるとツルが
盛んに伸びてきますので

しっかりとそのツルを支柱に
巻き込ませてやることが大切です。

スポンサードリンク

9. まとめ
初めてグリンピースを育てる人にアドバイス

グリーンピースの栽培には
冬場の管理がとても重要になってきます。

あまり大きくなったものを
植え付けると冬の季節風や
雪で折れてしまうことがよくあります。

種をまく時期を
よく考えてあまり大きくない苗で
一冬を越させることが大切です。

またしっかりと支柱を立てて
冬場の季節風から守ってやることも
重要な栽培ポイントになってきます。

スポンサードリンク