この記事は

「チューリップの球根の植え方
育て方のコツ 水やりなど室内でもOK?」

についてご紹介しています。

初めてチューリップを植えるという方に
向けて詳しく仮説をしていきます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

1. チューリップの栽培は
初心者向きか?それとも上級者向きか?

チューリップは
一般には比較的
育てやすい植物の1つだとされています。

なので家庭菜園が初めて
またはこれから始めてみたいという方には
大変おすすめなお花です。

なぜチューリップは
育てやすいかといいますと
まずは「寒さに強い」という事があげられます。

球根を植え
目が出るまでは寒く暗い土の中で

言わば冬眠のような形で
ずっと寒さを耐えしのぐ
能力がある植物です。

2. チューリップの栽培は
春夏秋冬どの時期に植えると最適か?

チューリップの球根の植え始めに
適している季節は
日本本土ですと10月〜11月

冬本番に差し掛かる前の
時期が適切だと言われています。

ですが
もう少し遅い時期12月頃からでも
十分開花に間に合います。

また反対に植え始めの時期を逃す
間違えると球根が土の中で

十分に育たず芽が出ない結果と
なってしまう恐れがあります。

3. チューリップの栽培は
室内と屋外どちらが最適?

チューリップは
屋内より屋外の外気が当たるような
気候の方が栽培には向いています。

チューリップの球根には
寒さが必要となり

その寒さによって球根が
十分に育ち大きく色鮮やかな

チューリップの花が咲くと考えられております。

また水を好み
湿った土が必要不可欠となりますので

お天気のいい日が続く場合は
水やりをこまめにする必要があります。

4. チューリップは種から?苗から?
初心者はどちらがおすすめ?

チューリップは
一般的に「球根」で売られていますし
その球根をそのまま購入し

植えればいいので比較的簡単に
栽培をスタートする事が出来ます。

その場合
球根の周りについてくる根っこなどは
切り取らずにそのまま植え込む必要があります。

ですが稀に球根によっては
購入した時点で乾いてしまっていて

どれだけ世話をしても
芽が出ない物もあるので

購入する際には
湿り気のある物を選んでください。

5. チューリップが病気になって
枯れる原因と予防方法

チューリップが
主に枯れる原因としては
花自体を購入してくて鉢などに
植え付け後

水をあげ過ぎる事が
大きな原因になります。

球根が土の中で
寒さに耐えている時期は

たっぷりの水分が必要になりますが
花から植え替えた物は

そこまで水分を欲しません。

チューリップは
虫がつきにくい植物ですが

虫が付くおそれがある植物との
平行は避けた方がいいです。

6. チューリップに
害虫がついた時の駆除方法

チューリップは
さきほど述べた通り

害虫がつきにくい植物の1つです。

それはチューリップは
寒い時期に植え始め

花の開花が3〜5月と
比較的涼しい時期に重なるためです。

もちろん害虫が付きやすい植物に
平行して栽培されれば

害虫がつきやすくなりますので
そういった状況は避けていただきたいです。

また万が一害虫が付いた場合は
程度によって駆除の違いがありますが

チューリップの葉に
びっしりと害虫がついている場合は

根っこから全て抜き取ってください。

7. チューリップの栽培に
おすすめなプランターはどれ?

チューリップの根は長く深さを増し
また横に広がる性質があるため
深さと横の長さのあるプランターがおすすめです。

またチューリップは
開花してもさほど重みが増さないので

一般的に売られている
プラスチック製の物で

十分役割を果たしてくれます。

チューリップは
プランターにびっしりと植えた方が

見栄えもするのであまり大きな物よりも
50×15cmほどの大きさの方が適しています。

8. チューリップの栽培で摘心は必要か?
摘心するときの注意点

チューリップ栽培において
「摘心」は必要ありません。

それは1つの球根に対し
1本しか茎が育たず

その1本の茎の先に花が咲きますので
他に栄養が行く事が考えにくいからです。

まれに1つの球根から
2〜3本と茎が出る場合もありますが
その場合でも「摘心」は必要ありません。

プランターの中で
ぎっしりと育てている場合

葉っぱが邪魔になる場合がありますから
その場合は葉っぱを
1枚2枚ほど切り取ってください。

スポンサードリンク

9. まとめ
初めてチューリップを育てる人にアドバイス

これから家庭菜園を始めたい方に
「チューリップ」は

最初のスタートに育てる
適した植物といえます。

それは初心者にも育てやすく
また植え始めから開花に至るまで

そこまで世話を要しないのも
おすすめのポイントです。

冬の寒い間
土の中で一生懸命耐え忍び

春の訪れとともに
開花してくれるチューリップは

私たちの心を
大変晴れやかにしてくれる

鮮やかな花の1つです。

チューリップは
自分には家庭菜園は

少々難しいと思っている方に
是非トライして頂きたい植物です。

スポンサードリンク