この記事では

初心者でも
簡単鉢植えバラの育て方
剪定のコツと植え替え記事

についてご紹介をします。

初心者でも失敗せず簡単に
バラを育てることができるのか

バラは鉢植えで栽培可能なのか
植え替えは必要か?

どの時期にすればいいか
おすすめのプランターなど

これからバラを育てる方に向けて
分かりやすく解説をしていきます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

1. バラの栽培は初心者向きか?
それとも上級者向きか?

バラは家庭菜園初心者の方にでも
気軽にスタートして頂ける植物の1つです。

大きな理由は
バラは1年中外に
出しておかなければいけない植物なので

プタンターを屋内から屋外また
その反対の
出し入れをする必要がありません。

また寒さや風に強く
寒冷地域にお住まいの方でも

色鮮やかなバラ鑑賞を
楽しむ事が出来ます。

もちろん暖地に
お住まいの方でも
簡単に栽培出来ますので
ご安心くださいませ。

2. バラの栽培は
春夏秋冬どの時期に植えると最適か?

バラの苗を
ホームセンターなどから購入し
プランターに移動される場合は

一般的に4月〜10月の間が
適しているといわれております。

この時期を逃した場合でも
さほどの問題はありませんが
花が咲かない場合があります。

バラは比較的他の植物よりも
強い植物なので
枯れる事もなく

もし花がすぐに
開花しない場合でも

時間がたてば
咲いてくる事があります。

3. バラの栽培は
室内と屋外どちらが最適?

バラの栽培は
屋内よりも屋外に適しています。

バラには寒さ
風通しの良さ

そして適度な日光が
必要なため屋外の方が

それらを適度に取り入れる事が
可能だからです。

もちろん屋内での
栽培も可能ですが
バラにはトゲがありますので

屋内での栽培ですと
お子様のいる家庭では

怪我の恐れもありますので
屋外栽培をおすすめしております。

4. バラは種から?苗から?
初心者はどちらがおすすめ?

バラは種からまた苗から
栽培をスタートする事が可能ですが

家庭菜園初心者の方や
すぐにバラの開花が見たい

という方には苗からのスタートを
おすすめします。

バラの苗は
ホームセンターなどで
手軽に購入出来ますし

すでにその苗に
花や蕾がついている物も
ありますので枯らす事なく

開花まで栽培出来る
可能性が広がります。

苗を買う際のデメリットは1つ

バラは大変害虫がつきやすい
植物ですので

すでにどこから害虫の卵などが
付着している場合があります。

目視でも確認出来ない
場合もありますので
駆除をマメに行う事が必要です。

5. バラが病気になって
枯れる原因と予防方法

バラが枯れる主な原因は水不足
または肥料不足により栄養失調です。

バラは真冬以外は
多くの水を必要とし

また肥料を良く必要とする
植物でもあります。

また面倒だからと
バラについた害虫を放っておくと
葉っぱや茎が腐ったり

枯れる事もありますので
害虫駆除はマメに
行う事をおすすめします。

それでも枯れてしまった場合は
枯れた部分を切断し

肥料をマメにあげる事が
解決策となってきます。

6. バラに害虫がついた時の駆除方法

バラには害虫がつきやすく
放っておくと次第に

どんどんとその量が
増えるのも特徴です。

とくにアブラムシが
良くつくので

バラの葉っぱの裏側を
マメにチェックしてあげるのも
日課にしてください。

アブラムシが付いた場合は

天然系で駆除したい場合は
水で薄めたレモン水を
バラに吹きかけたり

また駆除剤に抵抗のない方は
市販のスプレータイプの
駆除剤で一気に駆除してください。

7. バラの栽培に
おすすめなプランターはどれ?

バラの栽培に
おすすめなプランターは
ホームセンターなどで
簡単に手に入る

プラスチック製の
プランターで十分です。

形も丸型から長方型まで
様々ですので

自分のお好みで
選んでいただけて構いません。

ただ大きく育った
背の高い苗木は強風や
雨などで倒れやすくなってくるので

プラスチック製の物よりも
重みのある物の
購入をおすすめします。

8. バラの栽培で摘心は必要か?
摘心するときの注意点

バラに摘心は
基本的に必要ありません。

ただ苗木になっている蕾が
一気に満開になれば別ですが

一般には
1つずつや2つなどと
まばらに開花していきます。

その時に枯れてしまった花や
枯れてしまっている

茎の一部などは
切り取ってあげる必要があります。

切り取らないと
そういう所に余分な栄養が
回ってしまい

本来新しい蕾に
必要な栄養が
回らなくなるからです。

スポンサードリンク

9. まとめ
初めてバラを育てる人にアドバイス

家庭菜園を始める方に
まずは「バラ」をおすすめ致します。

寒さに強く
雨にも強く

と育てやすい要素が
ふんだんに盛り込まれた植物は

家庭菜園をスタートするに
当たり持ってこいな植物の1つです。

肥料が必要になってきたり
アブラムシを駆除する
必要があったりと

多少世話をしてあげる必要は
ありますがこれから含めても
簡単で栽培しやすい植物です。

そのような世話が
実を結び大輪のバラを
咲かしてくれた時は
感動もひとしおでしょう。

スポンサードリンク