この記事では

あじさいの育て方 植え替えや
挿し木のタイミング 病気で枯れる対策

についてご紹介をしています。

あじさいが枯れないように
病気にならないように
上手く育てていくコツや

挿し木や植え替えのタイミング
プランターか
地植えどちらがいいかなど

初めてあじさいを育てる方に向けて
詳しく解説をしております。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

1. あじさいの栽培は初心者向きか?
それとも上級者向きか?

あじさいは
初心者の方でも

比較的容易に
育てる事が可能な品種です。

品種として比較的丈夫で
乾燥しやすいところでなければ

日光が当たりにくい日陰などでも育てる事が
可能だからです。

水やりもそこまで
気にしなくてもいい事と植木鉢や

普通のプランターであっても
大きくなる事に気をつけてさえいれば

大丈夫な品種です。

2. あじさいの栽培は
春夏秋冬どの時期に植えると最適か?

あじさいの栽培は

冬から春
12月の半ばから
4月までに植えるとベストになります。

品種によっては
11月から植えられる品種もありますが

だいたいの品種が
この12月から4月までに固まっています。

逆に5月から10月に植えてしまうと
枯れてしまったり

種が芽を出さない事が多く
基本的に冬から春がベストになります。

3. あじさいの栽培は
室内と屋外どちらが最適?

あじさいは基本的に
室内では育てられません。

育てようと思えばできますが
剪定が大変になる事

かなり巨大に
育つ事からオススメできません。

基本的に屋外で育てる必要が
あります。

乾燥に弱いので
プランターや植木鉢で

育てる時は
水をやる頻度を多くしてください。

庭に植えるのであれば
特に考える必要はありません。

乾いてきたなと思ったら
水をやってください。

4. あじさいは種から?苗から?
初心者はどちらがおすすめ?

苗から育てるのがオススメです。

種から育てる事もできますが
種から育てると

花を見るのに3、4年はかかってしまう事

種からだと育てるのが大変で
水の管理や

土の選定が
大変になるためオススメできません。

しかし
苗から育てれば

比較的早く育つため
開花を見るのが早くなりますし

水の管理もそこまで
徹底する必要もないです。

5. あじさいが病気になって
枯れる原因と予防方法

あじさいが枯れてしまう原因は
主に

プランターや植木鉢が小さすぎる
直射日光が当たりすぎる

植え替えをしていない
水のやりすぎや植え替えを

していないなどになります。

基本的に小さいプランター
植木鉢では根腐れを起こします。

なので苗を買ったらすぐに
大きいプランターなどに入れ替えましょう。

またプランターに水が溜まらないように
し、直射日光は避けてください。

6. あじさいに害虫がついた時の駆除方法

害虫は
そこまで集まる品種ではありませんが
アブラムシや
ハダニに狙われる事があります。

その場合
市販の殺虫剤や
殺ダニ剤を散布してください。

またうどんこ病という
葉っぱに白い粉がふく
病気にも罹りやすいので

市販の殺菌剤を
常備しておくと便利ですが

基本的にあじさいは
虫に強い品種なので

虫関係はそこまで
気をくばる必要はありません。

7. あじさいの栽培に
おすすめなプランターはどれ?

オススメのプランターは
水抜き穴が多く
比較的大きいプランターです。

あじさいは小さいプランターだと
枯れてしまいますし

大きければ
剪定のタイミングをずらす事ができますし

植え替えも
あまり意識しなくて済みます。

また水が多すぎても
根腐れで枯れてしまうので

水抜き穴が多いプランターの方が
枯れにくくなります。

8. あじさいの栽培で摘心は必要か?
摘心するときの注意点

摘心は一応必要です。

庭で育てる方は
あまり意識しなくてもいいのですが

プランターなどで育てる場合は
かなり巨大になるため

定期的に摘心が必要です。

選定をする時は
花が咲き終わってから摘心をします。

花のすぐ下の節までを
ハサミで切り取ります。

基本的に摘心する際は
短く切るようにしてください。

形が悪くなって見栄えが
あまりよろしくありません。

スポンサードリンク

9. まとめ
初めてあじさいを育てる人にアドバイス

これから家庭菜園を始める方は
あじさいのように

水の管理をしなくてもいい品種から
育ててみてください。

また
植える場所は
比較的多く作るようにしてみてください。

そして
植える植木鉢や
プランターは大きめのものを買う。

殺虫剤を常備しておく事

摘心する時は
枝が短くなるようにする事。

これだけを守ってもらえると
楽しい家庭菜園になると思います。

スポンサードリンク